1. まとめトップ

IQ141の知能指数を持つ2歳児 国際的高IQ団体「メンサ」

知能指数が全人口の上位2パーセントに入る人のみ入会を許可されるという、国際的高IQ団体「メンサ」をご存じだろうか。MENSA(メンサ)とは、1946年にイギリスで創設された、全人口の内上位2%のIQ(知能指数)の持ち主であれば、誰でも入れる国際グループです。

更新日: 2013年06月30日

10 お気に入り 21005 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sting222さん

わずか2歳にしてこの高IQ団体に入会を認められたという天才児が現れ、話題を呼んでいる。

知能指数が全人口の上位2パーセントに入る人のみ入会を許可されるという、国際的高IQ団体「メンサ」をご存じだろうか。

現在2歳5カ月のアダム・カービー君は、先日のIQテストで141というスコアをたたき出し、メンサの会員になった。

IQ141がどれくらい凄いのかというと、オバマ大統領の知能指数よりも10ポイント高く、「天才」とされるレベルまであと4ポイントとのこと。

・1歳のときに独学でオマルの使い方をマスターする

両親が最初にアダム君の頭の良さに気付いたのは、彼がまだ1歳のとき。トイレトレーニングの本を見ながら自分でオマルの使い方を習得したという。

・2歳で読み書きも計算もできる

アダム君は普段から本を読んだり、物事を暗記したりすることを楽しんでいるとのこと。その成果はすでに表れており、現在は英単語のスペルを100個以上書くことができ、7歳児向けの本を読んでいるという。

・タイピングや外国語だってできる

2歳で計算ができるだけでも凄いが、それだけではない。太陽系の惑星を記憶しており、手で文字を書くだけでなくタイピングもできる。

・両親も驚きを隠せない

この驚異の能力に両親も驚きを隠せず、「2歳の頃の私たちとは比べ物にならない」と語っている。「今後も息子が楽しんで学習していけるようサポートしていくつもりです」とのこと。

メンサの目的

メンサは3つの目的があります
1.知性才能を、認知、育成し、人類の向上に役立てること。
2.知性の原理、性質、そしてその適用などを研究することを激励すること。
3.メンバーのための知的、かつ社会的活動を促進させること。

メンサの会員数

会員数は全世界100カ国で約105,000人。南極をのぞく世界全大陸の約40カ国に支部を置いています。 日本には、現在約900名程の会員がいます。

ママの出す問題に答える1歳の時のアダム君。日本語で数を数える場面は10:00あたりから

Twitter

@dayacracy メンサって何だったっけ?って検索して、おおとても賢いやつか!ととても頭の悪い確認をしました。嫌がらせやったらちょっとあれやけど、でも、やっぱり合格って嬉しいね!おめでとう!

【天才児速報】 国際的高IQ団体「メンサ」に入会している2歳児、IQがオバマ大統領より高いと話題 jin115.com/archives/51958… すげえ!!親に言われた国名を全部当てて、はめるとかスゲーぞおい!

@anemi0717 絶対無いです(笑)IQそんなあったら天才ですよね(笑)MENSAって知ってます?メンサ。IQ158?以上やったかな?その人たちの会があって、宇治原が入会テストしてたんですけど、全くわからなかった(笑)宇治原は合格して会員なったはずです。

メンサは、人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利団体である。高lQ団体としては、最も長い歴史を持つ。会員数は全世界で約10万人。支部は世界40か国。イギリス・リンカンシャーにあるケイソープ(英語版)に、本部(メンサ・インターナショナル)を持つ。

IQ141「メンサ」会員の天才2歳児 - BIGLOBEニュース news.biglobe.ne.jp/topics/interna… 微妙だな、天才少年は大人になるにつれて普通になってしまう。英国の場合はどうなんだろうか?

メンサのIQテスト 何処間違えてるのかおしえてくんないんだよなぁ。 

1