1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

失われた世代を救え!EUが若者の失業対策にドーンと1兆円

欧州連合(EU)は27日夕から開いた首脳会議の1日目の議論で、深刻化している若者失業対策を強化することで合意しました。

更新日: 2013年06月29日

35 お気に入り 14363 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

スコーレさん

若者の失業対策で連携する欧州

2014年から少なくとも80億ユーロ(約1兆300億円)を投入する

これまでの計画に比べ20億ユーロ増やす。

失業したり学校を卒業したりした後、4カ月以内に再就職や職業訓練を受けられるようにする

失業率が25%を超える国が10カ国

EUでは25歳未満の失業率が20%を上回る。ギリシャをはじめ、27カ国のうち10カ国が25%を超えている

スペイン(56・4%)、ポルトガル(42・5%)、イタリア(40・5%)、フランス(26・5%)など。

特に欧州債務危機で財政が悪化し、緊縮財政を強いられる南欧で景気が冷え込み、失業の増大に拍車がかかる悪循環に陥っている

欧州の「失われた世代」

欧州の15─24歳の失業者は600万人近く達しており、「失われた世代」とも呼ばれている

エコノミストたちは、この問題の悪化を放置すれば、欧州の一世代が労働市場から遮断されてしまうと警告

今回失業対策を重視したのは、「失われた世代」と呼ばれる若者が、社会不安の要因になりかねないとの警戒感があるため

社会に居場所がない若者たち

欧州議会のシュルツ議長はロイターのインタビューで、いまの若者を「ロストジェネレーション」と呼んだ。

「親は子の教育に多額の資金を投じてきた。その子どもが働く年齢になって、社会から『居場所はない』と突き付けられている」

クロアチア出身のMajlatさん(26)は、米ミネソタ大学でビジネスを専攻し2011年に帰国したが就職難に直面し、7カ月間失業状態

クロアチアの若年層失業率は35%だ。

政治家も無視できなくなった若年雇用対策

若年の雇用拡大は最優先課題だと強調したファロンパイEU大統領

ファンロンパイEU大統領は「失業率の高さは、憂慮すべき水準にある」と語り、雇用拡大は最優先課題だと強調

「わが国では若者の失業は社会の安定を損なう極めて深刻な問題になっている。大胆な対策を即座に実行する必要がある」

若者の失業率が60%を超えるギリシャのサマラス首相

1