1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ぜったいハマるクラギ|LAGQ Los Angels Guitar Quartet

クラッシクギターカルテットの最高峰「LAGQ Los Angels Guitar Quartet 」のまとめ。超有名作詞家アンドリュー・ヨーク(現在脱退)、一流ギタリストのウィリアム・カネンガイザーやスコット・テナントなど、ソリストとして高い実力をもつ4人が集結したカルテットです。

更新日: 2013年07月02日

201 お気に入り 13751 view
お気に入り追加

LAGQ (Los Angels Guitar Quartet )って?

アメリカの超有名クラシックギターソリストが集結した、ギターカルテット。
古典音楽を現代風にアレンジしたオリジナリティー溢れる演奏が魅力。
クラシックにもかかわらず、即興などライブならではの楽しみも提供してくれる。

1980年に結成されたLAGQ。アンドリュー・ヨークは2006年に脱退し,現在のメンバーは下記の4人。
■マット・グリーフ Matt Greif
■ジョン・ディアマン John Dearman
■スコット・テナント Scott Tennant
■ウィリアム・カネンガイザー William Kanengiser

■ぜったいハマる動画集

パッヘレベルのカノンのアレンジ。後半からの盛り上がりがヤバい!!
カネンガイザーのテクに酔いしれます。あと、ちょっと暇そうにギターをたたくスコット・テナントが可愛い!

くるみ割り人形より 花のワルツ
ヨークの編曲は本当にカルテットの楽しさが伝わります。
簡単そうに見えて非常に質の高いテク満載で、なんど聞いても聞き飽きません。

アフリカン組曲
オープニングに最適なこの曲。非常に気持ちのよいサウンドです。

トムケネディー
3:42からの変化が、LAGQライブの楽しみどころかと。ぜったい生でみたら盛り上がります!

はい来ましたクイッカン。
1回はぜひ通して聞いてみてください。ヨークらしさ溢れてます。
ラストは圧巻!

ガンゴン
弦にクリップ?をつけて変わった音色に。
超一流の方々が、こういう型破りな奏法も手を出すところがすごいんです。

アトキンスのBlue Ocean Echoをアレンジ。カルテットにピッタリの楽しい編曲です。
↓ぜひ原曲もどうぞ!
http://www.youtube.com/watch?v=_NNarsB9PEM

セギディーリャはスペイン舞踊の一曲。
手拍子が聞こえてきそうなアレンジが素敵です。

リストのハンガリー狂詩曲第2番。
黒澤映画を思わせる世界感を感じてもらえると思います。

PMデイヴィスの「さらばストロムネス」をスコット・テナントが編曲。
LAGQの楽曲の中で異彩を放つこの曲、意外と好きです。癒しがあります。

ロータスイーター
ぜひ一度聞いてみてください!カルテットが楽しさが伝わる掛け合いが大好きです。
即興部分が粋です。

火祭りの踊り
さまざまな奏法と、繊細な音色のコントロールが魅力です。

ポルトガルの国際ギター祭にて。スペイン系の楽曲が多そうですね。

■公式サイト

■Facebookもやっているようです。

■インスト好きならこちらも

1





お米マイスターさん

このまとめに参加する