1. まとめトップ

8ヶ月目ぐらいでそろえましょう【出産にそなえて】ベイビーグッズ

早産等のことも考えて、妊娠8ヶ月目ぐらいまでには、ベイビーグッズをそろえるといいそうです。ネットも駆使すると楽ですよ。実はあまり使わなかったベビー・マタニティ・ママ用品ランキングも書きました。

更新日: 2014年05月05日

252 お気に入り 76336 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cookpad100さん

バスタオルは布団にシーツ代わりに敷いたり、おくるみにもなるし、もちろん沐浴の時にも使うから何枚かあったほうがいい

カーシートの装着は義務化されています。
車種に合わせて決めてくださいね。

子供の成長や用途にあわせて、ベビーカーや抱っこひもを揃えてください。

ショルダー型、トート型などいろいろなタイプやデザインがあるので、選ぶのも楽しいですよ。

産まれる季節によっても、揃えるべき枚数は異なるので注意しましょう。
たくさんあれば、うれしいですが、すぐに大きくなるベビちゃんも多いので、身体に合わせてドンドン買い換えていかなくてはいけませんね。

スタイやガーゼは授乳のときに便利です。
さらに、よだれふき、汗ふきなど用途がマルチなガーゼハンカチは、多めに用意しておいても助かりますね。
【目安】
スタイ:3枚~
ガーゼハンカチ:6枚~

夏の日差しや、冬の寒さから守ってくれます。

【目安】
1枚~

乳首は赤ちゃんの飲み方に合わせて、吸う力にあった物を用意しましょう

【目安】
哺乳瓶・乳首 2本~

哺乳瓶をきれいに洗うための専用ブラシです。
乳首用のブラシも売っています。
消毒器は、レンジを使うもの、液に漬けておくものなどがあります。
哺乳瓶ばさみは、哺乳瓶の消毒時に使えます。
【目安】
ブラシ、洗剤、消毒器、哺乳瓶ばさみ 各1個~

ママの授乳姿勢をサポートしながら、赤ちゃんをしっかりささえて安定した姿勢で授乳できるクッション。

【目安】
1個

母乳で育てることを考えてる方へ、乳腺炎防止のために、あると便利です。
手動と電動のタイプがあります。

【目安】
1個

紙おむつ、布おむつと種類がありますね。
布おむつをお考えなら、同時におむつカバーや洗剤なども必要になってきます。
オムツバケツは、ニオイが漏れないしっかりとしたフタ付きのものがお薦め。
【目安】
紙おむつ・・1日8~10枚
布おむつ・・30~50枚(オムツカバー 3~5枚)、オムツ洗い洗剤
おしりふき・・5個ほど
おむつバケツ・・1個
オムツ替えシート・・1枚

赤ちゃん用のグッズは大人用ハンガーでは干しにくいので、あると便利です。

【目安】
6~10本

赤ちゃん専用のベビーバスは、シンクで使える物や、空気で膨らむタイプもあります。
お風呂グッズとして、温度計などいろいろ必要になりますね。

【目安】
ベビーバス・・1個
湯温計・・1個
沐浴布・・2枚~
ベビー石鹸、シャンプー・・1個
ベビーローション・・1個

【目安】
ベビー用綿棒・・1パック
つめきりハサミ・・1個
体温計・・1個
温湿度計・・1個
鼻水取り器・・1個

産まれてすぐに顔を引っ掻き始めますので、爪切りは必須

【目安】
ベビーベット
布団1式
防水シーツ・・2枚
タオルケット

新生児期は寝かしつけ、離乳食期からはベビーチェアーとして使えます。

ぐずった赤ちゃんをあやすのに便利です。

新生児のころは薄い枕、3ヶ月ごろからドーナッツ型マクラを。

扉用ストッパーや、コンセントカバーなど。

記録しておくノートなどを持っていっておくことで、授乳や排便の記録をつけられます。書くことで育児を実感できますし、思ったことを書くことで心の中を整理することができます。おすすめですよ

◆入院グッズも忘れずに◆

病室でも寒いかもしれないから普通の靴下とモコモコ靴下、パジャマを薄手にしてカーディガン持っていく。

出産の時はコンタクトを外しましょう。産後用にコンタクトケアセットもわすれずに。

初めての授乳はとても痛いものです。「きちんと咥えさせれば痛くない」と助産師は言うでしょうが(私も良く言います)、どう咥えようと痛いものは痛いのです。

なぜなら、今までそんな力で吸われたことなどないくらい、赤ちゃんの吸う力が強いからです。授乳前に拭き取らなくて良いクリームというのが売られています。ぜひ持参して下さい。

入院中にパッドをするほど出る人は少ないかもしれませんが、乳首のすれを保護する意味で、パッドがあるととても楽です。同様の理由で、柔らかめの授乳用ブラもあるとありがたいです。

おへそまで来るものが絶対に必要です。悪露が結構出ますので、おむつのようなナプキンをします。

そのためには、これくらい大きなパンツでないと漏れてしまいます。それに帝王切開の場合でも傷に触ることがありません。

産院は思った以上に乾燥しています。リップクリームなどの乾燥対策のものと、飲み物は常に手元に置きましょう。

これは忘れがちですし、忘れると非常に困ります。今から荷造りはできませんが、忘れることのないように、大きく紙に書いて貼っておくなり、スペアを用意して鞄に入れてしまうなりしましょう。

出産後にいろいろ書類を受け取りますので、それをしまっておける「クリアファイル」のようなものがあると便利です。なくしてしまったら大変ですので、一か所にまとめておけるようにしましょう。

1 2