1. まとめトップ

【妄想自由】乗るならどのオープンカーがいい?

アメリカでは、コンバーチブル(Convertible )、イギリスではロードスター、ドロップヘッドクーペ、フランスやドイツではカブリオレ(Cabriolet )やカブリオ(Cabrio)と呼ばれるものが現代の代表的なオープンカー。

更新日: 2014年11月03日

fabulousgcさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 40405 view
お気に入り追加

アメリカでは、コンバーチブル(Convertible )、イギリスではロードスター、ドロップヘッドクーペ、フランスやドイツではカブリオレ(Cabriolet )やカブリオ(Cabrio)と呼ばれるものが現代の代表的なオープンカーである。

ボディースタイル一覧 一部は商標
ロードスター
カブリオレ(Cabriolet )/カブリオ(Cabrio )
スパイダー(Spider ) - スポーツ/スポーティーカー。低い姿勢がクモを連想させることから。
バルケッタ(Barchetta ) - イタリア語で小船の意。
コンバーチブル(Convertible )
スピードスター(Speedster ) - ポルシェの商標。
ドロップヘッドクーペ(Drop head coupe ) - 英国流の2ドアオープンカーの呼称。
デカポタブル - フランス語で「屋根をはずせる」の意。
フェートン - 4ドアオープンカー。
クーペカブリオレ
ラナバウト
トノー
ツーリングカー
幌車
幌型
ハードトップ - ソフトトップの対義語。
タルガトップ - 「タルガ」はポルシェの商標。
Tバールーフ - Tトップ。

レーダーセーフティパッケージなどを標準装備した「SLK 200 Exclusive」がベース。エクステリアには、ダイヤモンドホワイトの外装色に専用カラーのポリッシュ/チタニウムグレーペイント18インチAMG5スポークアルミホイール。
特別装備として、スイッチを押すだけでルーフトップの透過率を瞬時に変更し、クリアモードとダークモードを自在に切り替えることができるオプション「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」も用意。
インテリアは、「SLK 200 Exclusive」に未設定のAMGカーボンインテリアトリムとともに、ヘッドレストにカーボンパターンエンボスが施されています。

全長×全幅×全高(mm):3,915×1,730×1,235
ホイールベース(mm):2,315
エンジン:SKYCATIV-G 直噴ガソリンエンジン
トランスミッション:SKYACTIV-MT 6速マニュアルトランスミッション
フロントサスペンション:ダブルウィッシュボーン方式
リアサスペンション:マルチリンク式
ステアリング:電動式ラックアンドピニオンパワーステアリング(EPAS)
ブレーキ(前/後):ベンチレーテッドディスク / ソリッドディスク
タイヤサイズ:195/50 R16

サイオンが、11月4日からラスベガスで開催されるSEMAショーで、ターボチャージャーを装着したタルガトップ仕様の「FR-S」(日本名「トヨタ 86」。上記の画像)を含むワイルドなカスタマイズカーを3台発表

1 2

関連まとめ





fabulousgcさん

このまとめに参加する