1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

7月から変わった!オフサイドのルールが一部変更へ

サッカーのオフサイドのルールが一部変更になる。FIFAが決めたもので、世界で7月から適用されている。どのように変わるのか?

更新日: 2013年07月03日

haru-tomoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
124 お気に入り 67378 view
お気に入り追加

FIFAがオフサイドのルールを一部変更し、7月から適用となった

FIFAが今月からオフサイドの解釈を一部変更し、日本でも6日に再開されるJ1のリーグ戦から適用されることになりました

今年3月に国際サッカー評議会で決まった規則改正は7月1日から有効となっている

サッカー初心者が悩みやすい「オフサイド」

黄色のゾーンがオフサイドポジションで、赤の点線がオフサイドラインになる

オフサイドとは、オフサイドポジションにいる味方にパスを出す、またはオフサイドポジションにいる味方プレーヤーが相手を邪魔したりボールに関与する反則

ボール
ハーフウェイライン
相手のゴールラインから2番目に近い選手

以上の3つの内、一番相手のゴールラインに近いものがオフサイドラインになる

どのように変わったのか?

これまで、守る選手がクリアしたボールをオフサイドの位置にいた選手が奪ってプレーした場合は、オフサイドの反則を取られることが多かった

その一方、そうならないケースもあり、国際的にも解釈があいまいになっていました

▼反則となるケース

新ルールでは相手選手の意図的なバックパスやクリアなどを奪った場合は反則にならない

▼反則にならないケース

ただし、GKがセーブしてはね返った球や、相手選手に当たって方向が変わったボールをオフサイドの位置で受けた場合は反則になる

例えばこんな場合は…

MFからオフサイドの位置にいるFWに出た縦パスを相手DFが頭で触って後方にそらした場合、従来はFWがDFのプレーに影響を与えたとされればオフサイドになった

Jリーグではこの変更に対応するためしっかり準備してきた

1





haru-tomoさん

気になった事をまとめていくよ!