グーグルの採用試験に行われているという奇問。これはフェルミ推定といわれるもので、「○○にボールはいくつ入るか」などの問題です。しかし、これについてグーグルは、人材選別の観点からは効果が少なかったどころか「全くなかった」と述べていたことが明らかに

出典Google「入社試験の“奇問”は時間の無駄だった」 : ZAPZAP!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

Googleが反省!「入社試験の ”奇問” は完全に時間の無駄だった」

「Googleがやってるんだから間違いないだろう」って考えて安易に導入した企業は、絶対あるはずです。

このまとめを見る