1. まとめトップ

BiSの太鼓持ち担当!「ファーストサマーウイカ」って何者?#BiSidol#BILLIE IDLE®

謎の新メンバー「ファーストサマーウイカ」の経歴。ほぼ自分用メモ。っていうかウイカさん若いのにキャリアありすぎ!なんかわかったらまた足します。

更新日: 2019年02月22日

42 お気に入り 173210 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppccさん

*最後まで読むのめんどくさい人は最初の4pまで読めばOK。

2013年5月26日、「club asia」でテラシマユフの脱退ライブ「BiS4」および、新メンバーのお披露目披露ライブ「「BiS48」が行われた。

テラシマユフの脱退のショックもさめやらぬ中、姿を現した新メンバー、テンテンコ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ。

あれから1ヶ月、新たなグループとして武道館への道を走り続ける新生「BiS」。そのメンバーの1人であるファーストサマーウイカの異色の経歴をまとめてみた。

追記:まとめ長くなりすぎたのでいろいろ削除しました。

先月の上旬、大阪から上京してきました。ただのフリーターでお芝居とかバンドとかをポツポツ気ままにしてました。春、何も頼りはないけど、行くなら今だと思い立ち大阪を飛び出しました。テレビもPCもない家でひたすら一人で携帯を見てた時にBiSのオーディションのツイートを見つけました。

神のお告げというか、ビビビ、みたいな何かを感じて、初日のオーディションを受けにいきました。BiSはもちろん存じてはいたけれど、(お気づきの通りビークルさんはじめロック好きなのです) アイドル界隈には疎いのでとても不安だったしほんっとにドキドキしたけど直感を信じて挑みました。

..からの今に至ります。はしょりすぎ?笑 普通過ぎてオチなくてごめんね。細かくはまたちょこちょこ、ここやブログに書いてみたいと思ってます◎

ーーもう本当に意味わからないんですけど(笑)。太鼓持ち担当ってなんですか?

ウイカ : わたしは個性があまりなくて、相対的になにごともそつなくこなして生きてきたんです。10年ほどやっていたドラムが特技なので、それとかけてグループを持ち上げてメンバーを応援する、アイドルらしからぬポジションでいこうと思ったので“太鼓持ち”を思いつきました。

(中略)

ーーちなみに、BiSとの接点はどこでできたんですか。

ウイカ : 「音楽劇ファンファーレ」がきっかけで知り合った□□□の村田シゲさんのUstream番組にBiSが出ていて。それまでも名前は知っていたんですけど、下ネタを言うし、過激な発言もしちゃうから、「なんだこれは」と興味を持ったんです。東京に出てきて、家具ひとつない部屋でぼーっとケータイを見ていたら、BiSのオーディションをTwitterでみつけて。女優志望で上京してきたけれど、「あぁ、これだ」となんとなく思ったんです。神のお告げというか。

──アイドルがババアとかやめてください! でもたしかにウイカさんは関西人ノリが公開収録でも出てました。ウイカさんは、□□□の三浦康嗣さんが音楽を担当した音楽劇「ファンファーレ」に出演して、坂本美雨さんとも親交があるんですよね。環ROYや星野源が好きだったり。

ファーストサマーウイカ(以下、ウイカ) ROYさんなどはお友達のように良くしていただいてます。

──サブカル度が高い。ウイカさんは突然思い立って上京したって言ってるじゃないですか。大阪にいても、所属していた劇団レトルトで女優でいれば道も開けていたように見えるんですが?

ウイカ 私、面白いことであればなんでもいいんですよ。それに大阪にいたら何をやっても「ある程度」で終わっちゃうんですよね。大阪ってネットワークも狭いんですよ。だからオーディション前日に衝動で決めました。

ウイぽん:私は真面目なだけです! BiSって一見サークルみたいですけど、私の中ではビジネスの部分と離して考えられないから、テンちゃん(テンテン(同期の新メンバー)がこう来てるから私はこうだなとか、サキちゃん(サキ様(同じく新メンバー)が今こんな感じだからここもっとプッシュしてあげたら……とか、渡辺さん(マネージャー)じゃないけど、そういうマネージメントや裏方的な視点で立ち回っちゃうんですよね。だから「自分はこうありたい」みたいな感覚はあんまりなくて。「今、プーちゃんがすごく楽しそうになってくれて、本当に良かった」とか、そういうことで嬉しくなる。

(中略)

ウイぽん:面白そうじゃないですか! 私、元々バンドを10年ぐらいやってて、それが終わって「なんか面白いことねぇかな」ってなったとき、全然芝居なんて観たことなかったのに「あ、芝居しよう」と思って、全然知らない劇団にドン!って入って。衝動派なんですよね。で、5年経って「そろそろ東京だな」と思って、東京出て「何しよ?何しよ?」って思ってたら、BiSのオーディション見つけて。「これ、下品なアイドルだな。めっちゃ面白いじゃん!」って。

(中略)

--ウイぽんがBiSでやり遂げたいことは?

ウイぽん:みんながやりたいことを全部実現させたい。テンちゃんにもサキちゃんにもそれぞれ夢があるんですよね。BiS全体で言えば武道館だし。その全部をあと残り数ヶ月で出来たらなと思っていますね。もちろん渡辺さんにも頑張ってほしいし、私に出来ることがあるならドサ回りでも何でもするし……というか、何でもやりたい。

--すでに4人脱退者が出ているグループですけど、最後まで生き残れそう?

ウイぽん:もちろん。今は生き残れるか云々より、最後にどう散るかを考えるのが一番楽しいです。

エレガンスロック演劇を掲げ、人気急上昇中の劇団レトルト内閣。2011年には旗揚げ10年目を迎え、本公演も17作目になる。10周年記念の今公演、主人公は「売れないアイドル」。

遠くの夢と隣のドン底、プライドと呼びたいただの見栄。
揺れ動きながら、あざとく汚く腹黒く、手段を選ばず輝こうとする女たち。
劇団レトルト内閣10年間の集大成は、そんな女たちの夢と欲望が暴走するエレガンスロック演劇。

「アイドルは可愛くなくっちゃダメですか? 若くなくっちゃダメですか?」
苦肉のキャッチコピー、鳴かず飛ばずのC級アイドル。
「愛すべき$と書いてアイドル。可愛くもなけりゃカネにもならん、 お前らはただのデフレ女だ!」
事務所にお荷物扱いされ、崖っぷちの彼女達は一発逆転を狙うが―

痛すぎる女達。
しがみつくのは何のため!
見栄のドレスと虚勢のショール。
飾って守って、何が残るの!
すり減るだけのピンヒール。
それでも歌う、夢と欲望むき出しで!

アイドルは可愛くなくっちゃダメですか? 若くなくっちゃダメですか?
「いいえ、アイドルは寂しくなくっちゃいけません」

ウイカの役はなんと「売れないアイドル」グループの一人。

1 2 3 4 5 6 7 8 9