1. まとめトップ

【艦これ】艦隊これくしょん 艦娘の最期の言葉!【轟沈時名言】

いまPCのブラウザゲームでハマっている艦隊これくしょん。この艦これに登場する艦娘の最期の言葉まとめ。*“艦隊育成型シミュレーションゲーム”。「駆逐艦」や「巡洋艦」、「航空母艦」などの個性豊かな艦艇娘“艦娘”(かんむす)を収集・育成・編成して、自分だけの無敵連合艦隊を目指しイベントをクリアします

更新日: 2015年04月23日

materialstarさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
169 お気に入り 861678 view
お気に入り追加

艦艇×少女=艦娘(かんむす)

艦娘(かんむす)とは、駆逐艦や巡洋艦などの旧日本海軍等の艦艇を擬人化した女の娘。

艦娘轟沈とは?

ミッションクリアしようとして連続して出撃を重ねていると疲労が蓄積>戦闘で不利になる。艦娘は大破の状態でさらに深刻なダメージを受けると、轟沈(ロスト)になることも

轟沈の条件

 全く無傷の状態で(戦闘参加前/中破未満は基本大丈夫)
 全く疲労していない状態(出港時確認でOK)で夜戦含む「戦闘」に臨んだ場合は、
 「基本的には轟沈を回避する」仕様となっています。

中破だと、こんな感じで制服にダメージがあります。実際の海戦で壊れた箇所と、制服の破れた箇所は対応しているらしい、。。。です。対応検証サイトなどはこれから探してまとめたいと思います

戦艦

長門 長門型1番艦

『戦いの中で沈むのだ あの光ではなく。本望だな』

横須賀鎮守府所属。

世界初(完成当時)の高速度26.5ノット(公試26.443ノット)の機動力を持つ高速戦艦。太平洋戦争開戦後の1942年2月までは、連合艦隊旗艦として連合艦隊司令長官 山本五十六大将が座乗した。終戦まで稼動可能な状態で生き残った。


『戦いの中で沈むのだ あの光ではなく。
 本望だな』

陸奥  長門型2番艦

『戦いで沈む……何でだろう  あまり悔しくはないわ』

『戦いで沈む……何でだろう
 あまり悔しくはないわ』


ゲーム内での戦闘中に『第三砲塔…何してるの?』や、『私の中で火遊びしないで』というセリフがあるが、それは呉に近い柱島泊地にて停泊中に主砲三番砲塔付近から大爆発を起こし、一瞬のうちに轟沈するなどの火遊びに由来している、と思われる。

伊勢 伊勢型1番艦

『これまでか……日向、先に逝くわね……』

『これまでか……日向、先に逝くわね……』


扶桑型戦艦を再設計した、強力な超弩級戦艦として完成した。

1945年(昭和20年)7月24日、米軍機動部隊艦載機による呉軍港空襲により艦橋に直撃弾を受け、牟田口艦長も戦死、浸水は5000tに達する。師岡勇高射長が艦長代理となり呉工廠第四ドックに曳航しようと作業中の7月28日、再び米軍艦載機の空襲により直撃弾11発を受けて大破着底、戦死者は573名に及んだ。終戦後、「伊勢」は引き揚げられてスクラップとなった。

日向 伊勢型2番艦

『あの世とやらを見てみるか、…伊勢、しばしの別れだ』

『あの世とやらを見てみるか、…伊勢、しばしの別れだ』

*伊勢と一緒に航空戦艦になった。

7月26日、「日向」は水平状態で着底。着底の直接原因は命中弾によるものではなく、多数の至近弾による弾薬誘爆によるものとされる。
戦後の1947年(昭和22年)7月、解体が完了して艦歴を閉じた。
装備されていた航海灯と軍艦旗が広島県呉市の大和ミュージアムに所蔵されている。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%90%91_(%E6%88%A6%E8%89%A6)

金剛 金剛型1番艦

『提督、どうか武運長久を…私、ヴァルハラから観ているネ……』

『提督、どうか武運長久を…私、ヴァルハラから観ているネ……』

超弩級戦艦として建造技術導入を兼ねて英国ヴィッカース社で建造された。

日本海軍が太平洋戦争で使用した唯一の外国製戦艦であり、また日本海軍史上、潜水艦の攻撃によって失われた唯一の戦艦であり、米国の空母撃沈に成功した世界唯一の戦艦。

没直前、弾薬庫の大爆発が起きて艦中央付近にいた多くの乗員が吹き飛ばされ犠牲となった。被雷してから沈没まで2時間があったにもかかわらず、損害の軽視、総員退艦の判断の遅れなどにより、島崎利雄艦長、鈴木義尾第三戦隊司令官以下1300名と共に沈むこととなった。

榛名 金剛型3番艦

『これが運命ならば受け入れます。ごめんなさい』

『これが運命ならば受け入れます。ごめんなさい』

高速の巡洋戦艦。高速戦艦四姉妹で最後まで、戦い抜いた。

四姉妹とは金剛、比叡、榛名、霧島

霧島 金剛型4番艦

『海の底は、意外に暖かい…』

1 2 3 4 5 6





materialstarさん

ボツ企画になったものや流行ものやら・本業ではやれないけど気になったことなどをまとめ。