実家に帰り、自分が置かれている状況を理解して3日が過ぎた。

精神的に参ったからか、それが何かしらアイツが起こしたものなのかは分からなかったが、2日間高熱に悩まされた。

首から異常なほど汗をかき、2日目の昼には血が滲み始めた。3日目の朝には首からの血は止まっていた。
元々滲む程度だったしね。
熱も微熱くらいまで下がり、少しは落ち着いた。

ただ、首の回りに異常な痒さが感じられた。
チクチクと痛くて痒い。
枕や布団、タオルなどが触れると鋭い、小さな痛みが走る。
血が出ていたから瘡蓋が出来て痒いのかと思い、意識して触らないようにした。
布団にもぐり、夕方まで気にしないように心掛けたが、便所に行った時にどうしても気になって鏡を見た。鏡なんて見たくもないのに、どうしても自分に起きてる事をこの目で確認しないと気が済まなかった。

鏡は見たこともない状況を写していた。


首の赤みは完全に引いていた。 その代わり、発疹が大きくなっていた。

今でも思い出す度に鳥肌が立つほど気持ち悪いが敢えて細かな描写をさせて欲しい。 気を悪くしないでくれ。

元々首の回りの線は太さが1cmくらいだった。 そこが真っ赤になり、元々かなり色白な俺の肌との対比で正しく赤い紐が巻かれているように見えていた。
これが3日前の事。

目の前の鏡に映るその部分には膿が溜まっていた。


…いや、正確じゃないな。

正確には、赤い線を作っていた発疹には膿が溜まっていて、まるで特大のニキビがひしめき合っているようだった。
そのほとんどが膿を滲ませていて、あまりにおぞましくて気持ちが悪くなりその場で吐いた。

真水で首を洗い、軟膏を母から借り、塗り、泣きながら布団に戻った。 何も考えられなかった。唯一つ「何で俺なんだ」って憤りだけだった。

泣きつかれた頃、携帯がなった。○○からだった。

こういう時、ほんの僅かでも、希望って物凄いエネルギーになるぞ? 正直、こんなに嬉しい着信はなかった。


俺「もしもし」

○○「おぉ~!大丈夫~!?」

俺「ぃや…大丈夫な訳ねーだろ…」

○○「ぁー、やっぱヤバい?」

俺「やべーなんてもんじゃねーよ。はぁ…。っつーか何かないんかよ?」

○○「ぅん」

○○「地元の友達に聞いてみたんだけどさ~、ちょっと分かる奴居なくて…、申し訳ない。」


俺「ぁー、で?」

正直、○○なりに色々してくれたとは思うがこの時の俺に相手を思いやる余裕なんてなかったから、かなり自己中な話し方に聞こえただろう。


○○「いや、その代わり、友達の知り合いにそーいうの強い人がいてさー。紹介してもいいんだけど金かかるって…」

俺「!? 金とんの?」

○○「うん、みたい…。どーする?」

俺「どんくらい?」

○○「知り合いの話だととりあえず五十万くらいらしい…」

俺「五十万~!?」

当時の俺からすると働いているとはいえ五十万なんて払えるわけ無い額だった。金が惜しかったが、恐怖と苦しみから解放されるなら…。 選択肢は無かった。

俺「…分かった。いつ紹介してくれる?」

○○「その人今群馬にいるらしいんだわ。知り合いに聞いてみるからちょっと待ってて。」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

2chで語り継がれる怖い話「リアル」※長編 話の最後に本当の【ありえない】が・・・

ふとした何気ない事で霊に憑かれてしまった“俺”。数々のお祓いが一切通じない、一度や二度じゃ終わらない。高名な霊能者S先生を頼る“俺”だが、それでも悪夢は終わる事は無い。これまでの「キチンとお祓いすれば…」は一切通用しない。そして最後は物語最大の「ありえない」がやってくる。これが本当の『リアル』です。

このまとめを見る