1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

《シンプルかつかわいい》北欧インテリアの魅力を語るまとめ

誰でもあこがれる北欧家具・雑貨について語っています。部屋の作り方やおすすめ雑貨、通販サイトなどを紹介。

更新日: 2013年07月11日

1915 お気に入り 246110 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

insomnia_SHさん

かわいくて、おしゃれで、エレガントな北欧雑貨

北欧雑貨と聞いてみなさんが思い浮かべるのは白を基調としたシンプルなイメージでしょうか

ほっと一息つけるそんな部屋を

女子なら誰でも憧れる北欧スタイルの暮らし
日本でもその人気は衰えていません

そもそも北欧スタイルとは?

北欧スタイルのインテリアは、スカンジナヴィアンスタイルとも呼ばれ、文字通り、スカンジナビア半島周辺の、スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマークで生まれたインテリアスタイルを指します。

お察しの通り寒い地域なので、家の中で過ごす時間も多いそうです。そのため、内装へのこだわりは他の国に比べて強いようです。

「シンプル&ナチュラル」

北欧スタイルの特徴は、基本的に「シンプル&ナチュラル」。北欧スタイルに登場するインテリアアイテムは、バウハウスや機能主義といった考え方の影響を受けていて、使いやすく合理的。

「あたたかみのあるデザイン」

森と湖の北欧。自然に囲まれた風土のためか、インテリアの中にもナチュラルな素材感を活かしたり、動植物をモチーフにしたデザインを取り入れるのが上手。機能的とはいえ、冷たく機械的な感じがしないのが北欧のデザインなのです。

アリのフォルムをモチーフにした名作「アントチェア」
青と黄色の配色もデスクワークに効果的♪

青は天上や精神性につながり、頭で考える人の色。
一方、黄色は知識を広げ、勉強にまい進するにふさわしい色

鮮やかなイエローが脳を刺激し、
ひらめきを与えてくれます

照明は重要なポイント

温かみのある光を上手に生活に取り入れるのが北欧スタイル。蛍光灯の白々とした明かりではなく、白熱灯や蛍光灯の電球色を使うと良いでしょう。また、キャンドルをあちらこちらに灯すのも素敵ですよ。

ファブリックを上手に使う

カーテンやテーブルクロス、ソファの張り布地、クッション、ベッドカバーなど、ファブリックはインテリアには欠かせないものです。北欧のファブリックはかわいいものが多いので、簡単に部屋のおしゃれ度を増したい人はいろいろ試してみるといいでしょう

綿や麻といった自然素材の布に、幾何学柄や花や鳥といった自然をテーマにデザインした柄をプリントしているのが特徴

色も鮮やかなものからシックなものまでと幅広くあり、季節や気分によって模様替えするのが北欧流

↓Tildaというブランドの生地がこちらで買えます

▼北欧雑貨店 スオシッキ

欧生地スウェーデンファブリックブランドよりTilda(ティルダ)生地・雑貨も豊富に取り揃えてあります。

白を基調にファブリックでアクセントを

北欧では白い壁がスタンダード。その理由の1つに、長い冬の間は日照時間が極端に限られるため、部屋の中は明るく見せたいという思いがあるよう

1 2 3