厚生労働省による平成23年度全国母子世帯等調査によると、母子世帯は約124万世帯(内、母子のみの世帯は約76万世帯)。平均年間就労収入は181万円で、アルバイト・パートになると125万円だそうです。

これは、月収にして約15万円。子どもが小さいうちならなんとか過ごせるかもしれませんが、家賃や光熱費・食費などの必要経費を差し引くとほとんど残らないのは明らかです。

この数字から、シングルマザーは常に経済的な不安と隣り合わせということが読み取れるのではないでしょうか。

出典シングルマザーの平均年収は約181万円 貧困の実態を取材 - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

社会構造の犠牲か?ひとり親世帯(シングルマザー)の貧困が世界最悪な日本

3日から始まったドラマ「Woman」で改めて、ひとり親世帯の深刻な貧困問題がクローズアップされています。何せひとり親世帯の貧困は世界最悪という日本。国が管理しやすい家族4人をモデルとして様々な特権を与える一方、そこから溢れた家族構成に対しては、国も社会でも冷遇されたことがこの貧困を生んでいます。

このまとめを見る