出典 reposen.jp

←リンク先から一部を紹介

◆男性の場合、「レジャー/趣味」が若い年代と高齢層でトップになっており、30代、40代の働き盛りでは、「充実感」、「家族」がトップになる。
30代・40代では「仕事」や「充実感」、「家族」などの割合が高いが、10代では「向上心/目標達成」、60代以上では「健康」や「日常生活」の割合が高くなっているのが特徴的である。

◆傾向として、10代では「向上心/目標達成」に生きがいを感じる傾向が強く、男性20代になると一気にその傾向が弱まる。
「仕事」「充実感」に生きがいを感じる傾向が最も強いのは、30代である。60代以上では、「日常生活」に生きがいを感じる傾向が強い。(いずれも有意)

この情報が含まれているまとめはこちら

世の中の人は一体何を人生の楽しみに生きているのか!?【生きがい】について

「自分って人生楽しんでいるの!?」「なんか最近、仕事と家の往復ばかり」「私は日々の小さな事に楽しみを感じるよ!」など、自分も含め、人それぞれ人生の【生きがい】について考える事って多いですよね!?そんな【生きがい】について役立つ情報とともにまとめてみました。

このまとめを見る