1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

映画館でもう迷わない!映画を最大限に楽しむ”良い席”の選び方!

チケット売り場周辺に”アフロヘアー”の人がいない事も確認すべき!(笑)

更新日: 2017年12月29日

322 お気に入り 1354051 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

toolloveさん

せっかく映画を見に行ったのに”席のチョイス”を間違えたおかげで楽しめなかったという事はよくありますよね。ですので今回は『映画を楽しむ為の最良の席の選び方』をまとめてみましたのでご覧下さい!

シュタゲの席選びを間違えた、正面なのはいいんだけど前過ぎる、始めて来る映画館だから画面との距離がわかんなかったんだよー

映画の席選びが難しい。わたしひとりなら真ん中一択なのだが、夫がトイレ行っちゃうかもーとかいうから、端っこ2人席が最適なんだと思うけど、自分とスクリーンの間に通路あるの嫌いなの。ちらちら人が通るの気が散って~。むーん

かなり早く着いちゃった…。地味に映画館の席選びって苦手。センター埋まってると、つい上手がいいか下手がいいかで悩むけど関係ないじゃん(>_<) 思わず上手選んじゃったけど、もっと後方にしてセンター選ぶんだった…。音響…。後悔(>_<)

結論から言うと、劇場スタッフがオススメする良い席は”ど真ん中”!

映画館の構造にもよりますが、ど真ん中と考えてよいでしょう。現在多くの映画が5.1ch音響であり、左右のスピーカー、前後のスピーカーのバランスを考えると、中央席ということになります。

別名”スイート・スポット”は映像・音声が最高の状態で楽しめる!

スクリーンの左端と右端までの目線の内角が30度未満になってはならない。また映像の一番上を見上げた時の目線の角度が35度を超えてはならない。目線を水平に伸ばして映像のセンターラインの15度下に当たるのが理想。

映像よりも”音質”にコダワリたい人は?

スクリーンに向かって左右の真ん中の軸上が良いですね。前後で言うと、スクリーンから一番後ろの壁までの、前から3分の2くらいが良いと思います。でも、そのあたりって、いわゆる“プレミアムシート”になっていることが多いんですけどね(笑)

ベストポジションは”体の傾き”と”左右の視力”に関係がある!?

1.足を楽に組んでみる
体が右に傾いたら、画面左側の席がおすすめ
体が左に傾いたら、画面右側の席がおすすめ

2.左右の視力が違う人
右の視力の方がいい人は 右の座席
左の視力の方がいい人は 左の座席

意外と人気!?”中心部上段”の席はどうなの?

スクリーンの中心がやや下のほうになるため、少し前かがみの状態で映画を見ることになります。腰に負担がかかり、映画を観終わったときに疲れを感じることがあります。また、座席全体が見えるため、人の頭の動きが気になったりもします。

一番前の席は”臨場感”と引き換えに失うモノ多数!?

一番前の席で映画を観るのはある意味苦行だったりする場合もある。舞台がある映画館だとスクリーンの手前が隠れることがあったり。また字幕によっては左側だったり右側だったりもする。一番前にいると視線移動が多くて意外と映画に集中できなかったりとかも。

映画評論家”おすぎ”の指定席は”最前列のど真ん中”らしい

映画宣伝の現場で、おすぎさんは「神」扱いです。マスコミ向けの試写会でも、席が決まっています。(最前列のど真ん中)そこが空いていないと、ご機嫌を損ねます。

良席で見る為のテクニックとは!?

”良席”は前もって予約しておく!

1 2