1. まとめトップ

ハゲはシャンプーのせいかも!?薄毛になるシャンプーはコレだ

ハゲの原因はもしかしたらシャンプーのせいかも!現役美容師が語る市販のシャンプーを正しく理解して、ハゲを治しましょう。

更新日: 2013年07月06日

maikeruronさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 5581 view
お気に入り追加

ハゲに近づいているのは・・・シャンプーが原因かも!?

「大手メーカーがバンバンCMを打っていて、なおかつ価格が安いシャンプーは 絶対に使いません。それだけ宣伝費をかけていて、詰め替え400mlが500円以下なんて商品は、 材料価格的にあり得ない」

出典薬剤マニアの美容師、河野正樹さん(仮名)。

粗悪な洗浄薬品の代表格が『ラウレス/ラウリル硫酸Na』

安いシャンプーには、それだけ粗悪な洗浄薬品が使われている……
AES系界面活性剤。
これは石油製品をつくったときの産業廃棄物のようなもので、原価はゴミクラス。
洗浄力はママレモン級に強く、髪がバサバサになります」

男にとって「髪がバサバサ」はさほど大きな問題でもないようないような?

AES系のシャンプー使ってるけど?

「とんでもない(怒)。AES系が頭皮に干渉すると、頭皮のタンパク質が煮られたような 感じになって、毛穴がつぶれるんです。また、卵白の固まったようなものが出てきてフケの原因に。
ハゲというのは根本的には遺伝の問題ですが、AES系のシャンプーを使っていたら、 自分でハゲを促進しているようなもんですよ!」

最近人気のノンシリコンシャンプーも、シリコンの代わりに別のコーティング剤が 入っているだけで、ベースの洗浄成分はAES系……というものが多いとか。
ノンシリコンだからいい、というわけではまったくないのだ。

「ドラッグストアに売られている安いシャンプーはもちろん、高級シャンプーとして 売られているものにもAES系は入っているのでタチが悪い。
“サロン系シャンプー”という名称にも惑わされないように。
目利きにはホンモノを、素人にはニセモノを売りつける悪徳骨董商のようなもので、 ドラッグストアで売られているものと、実際にサロンで売られているものとではカンペキに ラインが分かれている場合があります」

河野氏いわく「シャンプーの適正価格は300mlで2000円くらい」とか。
高ぇ!と思ったアナタ。頭髪を守るにはある程度の投資も必要。効きもしないハゲ用サプリを 買うより、よっぽど有意義だ。

どうすればハゲるのを防げる?

安いの買うよりシャンプーで洗わないのがいいよ
お湯で洗うだけで臭くも痒くもならない

重要なのは、頭皮にお湯をちゃんと届くようにして
ある程度時間かけて頭皮の油分を溶かしてから指で洗うこと

普段は湯シャン。週に1回ぐらい石鹸シャンプー+クエン酸リンス。これで十分。
みんな皮脂を取り過ぎだから過剰分泌される。

自分で頭皮の脂が多いなっていう方はシャンプーはできれば毎日行なって、その日の汚れはその日のうちに落とすことという心がけが大事です。

1分間シャンプーをしたら、1分間すすぐと覚えましょう。というのもすすぎ残しがありシャンプーが頭皮に残っていると炎症などのトラブルの原因になりがちです。これが、脱毛の直接の原因になる場合もあります。

このすすぐという行為は頭皮のトラブルに対して大きな原因だったりします。
シャンプーしたばかりなのに頭が痒いと感じる人はシャンプーのすすぎ方を見直した方が良いでしょう。

本来のシャンプーの目的は、髪を洗うことではなく頭皮を洗うこと

頭皮の洗浄が不十分だと、結局のところ髪そのものに悪影響を及ぼすのは、頭皮自体が髪の土壌でもあり、そこが汚れていては、髪も弱くなってしまうからです。

1





maikeruronさん