1. まとめトップ
  2. 雑学

銀行だけじゃない!多くの会社にある『出向』という現実について

半沢直樹のドラマのシーンで出てくる『出向』。実際の社会ではどんな使われ方をしているのか。『出向』の現実と『出向』から見事に返り咲いた偉人について学んでみよう。

更新日: 2013年09月03日

kadumanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
325 お気に入り 982682 view
お気に入り追加

『半沢直樹』で話題になる『出向』

ドラマのストーリー上でネガティブな意味合いで使われる言葉『出向』

半沢直樹を見てると、昔働いてた会社で銀行から出向して来はった人を思い出す。大変やったんやろうなぁ、と…。しかも会社つぶれたし。

銀行員にとって出向はほぼ左遷らしいっす 親が言っとった

「出向」に対する、この世の終わりかのような反応がなんかもやっとする。半沢ドラマに限らず池井戸さんの小説全般そうなんだけど、銀行員てみんなそうなの?

うちの元会社にも大手銀行から出向してきてた人いたけどそーゆーことだったのかな。何年かして銀行もどらずに転籍してたけどw

そもそも『出向』とは?

出向は、①子会社・関連会社への経営・技術指導、②従業員の能力開発・キャリア形成、③雇用調整、④中高年者の処遇など、さまざまな目的で活用されています。

一つは、いわゆる片道切符。ある期間出向したら、そのままその会社に転籍ってケース。

なぜ『出向』という人事異動があるのか?

まずは本体から社員を切り離し(=出向)、さらに給与体系が本体より低い企業に移管させる(=転籍)ことで、人件費の削減を図り、あわよくばやる気をなくさせ、自己都合退職してもらうことを狙っている。

希望退職者を募る企業もあるが、それはごく一部。「マスコミに騒がれるとイメージ・ダウンだし、退職金を上積みする余裕もない」と、表向きは出向や転籍という手段をとる企業のほうが多いのだ。

ドラマのイメージほど悪くはない『出向』もあるらしい。

出世のための『出向』があったり、給料はかわらない『出向』があったりと『出向』の意味合いはその時々に応じて異なるようです。

出世の為の儀式のケース。
出世する前に、一旦外へ出て、戻ってから昇格するパターン。
偉くなる前に外の世界を経験させるってのがあります。

出向というのは、「雇用関係にある企業に在籍したまま、子会社や関連会社において業務に従事すること」を言うらしく、驚くことに、給料さえほとんど減らないのだ。

出向は人によって異なっており、若い従業員の育成や子会社の立て直しを図る場合や、リストラの一環として出向が命じられる場合があります。

『出向』の対象になりやすい人もいるらしい。

一般的には厳しい人事・・。夫が『出向』を告げられた妻の声

大手総合商社勤務と夫(40歳)が子会社に出向になりました。
入社以来本社勤務だったので、本人は相当ショックを受けているようです。

「出向後、夫は役員になって、本人は偉くなったって喜んでるけど、給料が2割も減りました。家のローンもまだ残っているし、次男が私立高校を狙っているので家計はいきなり大ピンチ。仕方なく、事務のパートを始めました」

1 2





このまとめへのコメント1

  • hideaki_sekiさん|2013.09.05

    IT系は昔は出向と呼んでいたが、最近では派遣、常駐、SES契約と呼ぶことがおおいです。

1

kadumanさん

生息地:田んぼ。カエルイメージ。