1. まとめトップ

妊娠が分かったらすぐにマタニティウェアを買うべし!その理由

マタニティウェア(妊婦用の服)を買ったほうがいいのか、手持ちの服で乗り越えるべきなのか。妊娠初期に悩む人は多いはず。私は妊娠7ヶ月にマタニティウェアを買ってよかったし、もっと早く買えばよかった!とさえ思っているので、理由をご紹介。

更新日: 2013年07月07日

24 お気に入り 22562 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pirayuuさん

すぐにでも買おう

妊娠が分かったばかりの人には、授乳服にもなるマタニティウェアを、できるだけ早く買うことをオススメしたい。

ポイントは、ナーシングウェア(授乳服)にもなるマタニティウェア(妊婦服)

胸元から乳が取り出せる服は、授乳服としての機能がある。

理由その1:いずれ必要になるから

妊娠が分かってから妊娠5ヶ月め位までは、個人差があるけど、非妊娠時の服でなんとかいける。
おなかは出てきているけれど、まだまだ。見た目的にも目立たないので言わなくても妊娠に気付く人は少ないし、身体的にも非妊娠時の服がキツくなるほどではない。

ただ、妊娠7ヶ月頃から、急激におなかは出てきます。
私の腹囲は、妊娠7ヶ月で85cm、8ヶ月で88cm、9ヶ月で91cm、でした。
この頃になると、非妊娠時の服を着たときにお腹周りがせり出してしまいます。
何となくバランス的に素敵じゃないので、あわててマタニティウェアを買いにいくことに。

結局買うことになるのなら、早く買えば長く楽しめます。

理由その2:楽に過ごせるから

マタニティウェアは、妊娠中の妊婦の体型に合わせて作られているので、楽で過ごしやすい。
これに尽きます。
ちなみに、妊娠後期に非妊娠時の服を着た場合、こうなります。

【ウェスト周り】
非妊娠時のボトムスは、妊娠後期にはウェスト周りが入らない。

【鼠蹊部(足の付け根部分)】
非妊娠時のボトムスを無理にはけたとしても、鼠蹊部がキツい。鼠蹊部は、締め付けないほうが絶対にいい。(妊娠による体重増加で鼠蹊部のリンパ節が圧迫され、循環が悪くなって足がむくむ。足がむくむと、すごい倦怠感が増してダルいし、歩きづらい、痛い。)

【全体のバランス】
非妊娠時のトップスは、妊娠後期に、大きくなったバストとせり上がった腹囲によって、だいたいずり上がる。
ゆったりした膝丈ワンピースが、膝上20cmのミニスカートワンピースになるイメージ。
着れないわけではないが、いつもと丈が違うので、けっこう印象が気になってしまう。
ずり上がり過ぎて、変なバランスになっていないかどうか・・・。
しかも、足、かなりむくんでるし・・・。

理由その3:後期・授乳期に買いに行けなくて困るから

そんなこんなで妊娠後期、マタニティウェアが必要になる。
それをなんとか出産後までねばったとしても、次は出産後に授乳服が必要になる。
(こっちの方がさらに深刻。授乳服しづらい服で授乳するのはとてつもなく面倒くさい。)
ねばればねばるほど、自由に動けない時期にマタニティウェアが欲しくなる。

妊娠8ヶ月を過ぎる頃には、自由に出歩けません。
お腹が重い。お腹が出てて足元が見えない。足がむくんで痛い。お腹に気をつかいながらあるくのは疲れる。

出産後は、自由に外出できません。洋服を買いに行くのはかなり難しい。
体調が回復していない。赤ちゃん産まれたばかりで3時間おきの授乳。 遠出できない。

ということで、だましだまし過ごしていても、結局、ああ早く買えばよかった・・・と思い、その頃には買い物に行けない。

まとめ

妊娠6ヶ月頃。
安定期で動ける間、お腹がちょっと出てきて腹囲がせり出してきた体型を何となく想像できるようになった頃に、買っておくのをオススメします。

1