1. まとめトップ

イチローから学ぶ 成功のヒント8選 ~ イチロー 262のメッセージより

イチローの名言集「イチロー 262のメッセージ」より、成功のために心得ておくとよいとおもわれる項目を8つ抜き出してまとめています。イチローほどの成功はできなくても、日々の仕事や生活の成功のヒントになるやもしれません。

更新日: 2013年07月07日

8 お気に入り 5502 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ねこ魂さん

1.あきらめない

「できなくてもしょうがない」は、終わってから思うことであって、途中にそれを思ったら、絶対に達成できません。

できなくてもしょうがない・・と思った瞬間。
それに対しての気持ちは一気にしぼんじゃいますもんね。

2.粘り強く、喰らいつく

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

本当に困難な目標であればあるほど、結果というのはなかなかついてこないものです。
だからこそ、粘り強く喰らいつくことで、成功のきっかけづくりをすることが必要なのではないでしょうか?

3.言い訳しない準備をする

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、
そのために考え得るすべてのことをこなしていく。

言い訳ができるということは、それに対しての備えを疎かにしていたということ、
備えを万端にしておけば、言い訳など決してでてこないはず

4.飛躍の秘訣は、苦悩すること

苦悩というものは前進したいって思いがあって
それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。
だから苦悩とは飛躍なんです。

悩むというのはとても苦しいことで、できれば投げ出したいですが、
大きなジャンプをする前には、一回しゃがみ込むように、
それは成功という飛躍をするためには、どうしても避けられないステップなんだと思います。

5.結局、積み重ねが大事

今自分にできること。頑張ればできそうなこと。
そういうことを積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない。

大きな目標すぎると、どうやってよいのかすらわからなくなりますが、
とりあえず、自分でもできそうな小さな目標を積重ねることができれば、
いづれ、大きな目標にたどり着くことができるでしょう。

6.モチベーションを保つ工夫をする

少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事。

確かに一歩一歩進んでいるという感覚があると、ないとではモチベーションが違います。
大きな目標/プロジェクトになれば、なるほどそれを実感することでしょう。

7.未来へ備える

自分が全く予想しない球が来たときに、どう対応するか。
それが大事です。試合では打ちたい球は来ない。
好きな球を待っていたのでは終わってしまいます。

自分の得意なことばかりしていたのでは、時には先に進むことができないでしょう。
得手不得手関係なく、可能な限り準備をしておけば、イザそれに対応しなければならなくなったときに慌てなくてもすむでしょう。

8.成功にビックプレーは必ずしもいらない

びっくりするような好プレーが、
勝ちに結びつくことは少ないです。
確実にこなさないといけないプレーを、
確実にこなせるチームは強いと思います。

成功とは、スーパープレイが、呼び寄せることは稀ですが、
確実に積重ねる行動の結果、成功することがほとんどです。

一発、ドカンと当てたいという気持ちもわかいますが、その多くは地道な積重ねをするしかない訳です。

1