1. まとめトップ

イライラする人がイライラしない人になれるイライラを抑える上手な方法

ストレスが多いとイライラします。そんなときに、ちょっとしたことでイライラを解消できます。タイトルにイライラしてはいけません…。

更新日: 2014年06月10日

738 お気に入り 739573 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kana632911さん

気持ちに余裕を作る、生活スタイルに変えよう。

いらいらしている人は、必ず余裕がありません。
キレやすい人ほど、時間やお金、人間関係や自分に余裕がなかったりします。

いらいらを解消するためには、まずなにより「余裕を作ること」が先決なのです。

価値観を捨てると、いらいらも消える。

いらいらしない人は、自分の価値観を持っていません。
「もしかしたら、自分は間違っているのではないか」という謙虚な心を持ち、相手の考え方を吸収するのです。
謙虚な姿勢を心がけていれば、気持ちに余裕ができ、いらいらしたりキレたりすることがありません。
自分の考えに執着することがなければ、どんな人とでも、仲良くすることができるのです

批判を成長に受け止めよう。

どんな中傷も、プラスへと受け止めてしまうから、どんどん成長します。
賢い人は、自分への批判をプラスとして受け止め、成長に変えます。
批判されたところを直せば、素晴らしい自分になれますから、批判の言葉にも、批判する人にも感謝したくなります。
受け止め方を変えれば、いらいらすることがなくなります。
どんな言葉も、ありがたく思えてくるのです

近くを見つめていると、疲れます。

遠くを見つめていると、いらいらしなくなるのです。

できないことは見ない。できるところだけを見つめる。

不可能ではなく、可能を見る癖をつけましょう。

コミュニケーションを取る習慣で、いらいらを解消しよう。

コミュニケーションしないと、疲れてしまうのです。
不要な妄想が膨らみ、そういう膨らんだ妄想はたいてい、自分にとって都合の悪いことへと偏ります。

「自分、自分」と考えない。「あなた、あなた」と考えよう。

注意が、自分ばかりに向いています。
いらいらしない人になるためには「あなた、あなた」と考えればいいのです。
相手を思う気持ちがあれば、気持ちが丸くなるのです。

いらいらこそ、あなたの成長になる

行動の遅い人を見ていらいらしたら、相手が悪いのではなく、自分に問題があると考えることです。
つい人を裁いてしまう自分は、まだまだ心が小さいなと気づくきっかけになります。
行動が遅い人は、何も悪いことをしていません。
ただ自分が勝手にいらいらしているだけであり、問題は自分にあると気づくことです。
あなたを叱ってくれる親にいらいらしたら、親を憎むのではなく、親からの教えに素直に気づけない自分に反省することです。

話したことのない人に、話しかけよう。

話しかけることは、相手を知ることになります。
恥ずかしい、疲れるといいますが、話しかけないほうがもっと疲れるのです。
話しかけると、最初は緊張しますが、後から楽になります。

励ましていると、自分が励まされる。

ほかの人を励ましているうちに、その落ち込みが緩和されます。
自分が抱えている問題は、大したことではないと気づいてしまうからです。

思いどおりにならないことは「それでよかった」と考えよう。

完璧主義者には、いらいらしやすい人が多い。
思いどおりにならないと、すぐキレてしまいます。
視野が狭く、本当の真実に目を向けていませんし、気づいていません。
「そもそも世の中は、思いどおりではないことばかり」という真実に気づかないといけません。

休みの日には、きちんと休もう。

いらいらしやすい人は、きちんと休暇を取っていません。
休憩を取ると、心は落ち着き、安定します。

いらいらしたら、海へ出かけよう。

大きな海を眺めているだけで「自分のいらいらはちっぽけなことだ」と思えるようになります。

目標より、目的を見つめよう。

目標を見ていると、いらいらする。
目的を見ていると、
いらいらしない。

いらいらした出来事は、いい思い出になったと考えてしまいましょう。
受け止める心が変われば、現象そのものが変わってしまいます。

何事も、受け止め方が大切です。

体を動かす習慣を持とう。

積極的に体を動かす習慣は、いらいらしない習慣です。
いらいらしない人は、体を動かす習慣を必ず持っています。

体を動かす機会、
自分から捨てていませんか。

エレベーター、エスカレーター、自転車、車、電車など、自分を甘やかしているだけではないでしょうか。よく見渡せば、体を動かす機会はたくさんあるはずです。

ストレスを、上手に吐き出そう。

フィットネスで、気が済むまで体を動かしてしまいましょう。
プールで思うがままに泳いだり、トレーニングマシンで疲れきるまで体を動かしたりして、筋力も鍛えてしまうのです。
いらいらしてごみ箱を蹴るのは、健康的ではありません。

ふわふわしたものに触れると、いらいらが緩和される。

ふわふわの人形、クッション、カーペットなどです。

ふわふわには、人を癒す力があります。

ふわふわした人形に触れていると、気持ちも自然と穏やかになります。

あーもうどいつもこいつもイライラすんなーふざけてんかって( ˘ω˘ )おい

1 2