根元から1~2m以内は側撃を受けやすいため、2m以上離れて雷が過ぎるのを待つとよいだろう。この際に、建物や大木などを45度以上の角度で見上げる場所に移動しよう。角度も重要な側撃回避の方法である。

出典落雷に遭わないために | 防災コラム | 安心安全情報 | iTSCOM.net/イッツコム

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

人が雷によって死亡する確率はどのくらい?とっても意外な雷の被害!

最近雷が多いですが、人が雷によって死亡する確率ってどの程度なんでしょう。実は知らない雷による「即撃」や家への被害、「金属を外せば安心」という噂は本当なのか?雷の被害とその対策についてまとめてみました。

このまとめを見る