1. まとめトップ

ものが【顔】に見える!人間に備わる「能力」を使ったユニークな遊び方!

われわれ人間は「顔を認識する能力」が優れている。その能力の事と、それを使った遊びをまとめてみました。私たちの身の周りにはいろんな「顔」があるのです。

更新日: 2013年08月30日

5 お気に入り 19167 view
お気に入り追加

まず人間には「顔細胞」っていうものが備わっている

出典ameblo.jp

こうした、顔に見えるモノというのは、人間が持っている「顔細胞」によるものです。

顔認識細胞、顔ニューロンなどと呼ばれることもありますが。

目、鼻、口のようなものがあれば、

「あ、顔だな」

と顔として認識する細胞のことです。

何の知識もない赤ちゃんでも、「顔」は「顔」として、本能的に理解しているのです。

我々は、「顔のようなモノ」に敏感なのです。
「顔レーダー」がものすごく発達しているのです。

我々人間には生命維持に必要な、敵か、味方かを瞬時に判断するために「顔」を認識するという特殊な細胞が備わっているのでしょうかね!?

ホントに人間てのは凄いですね。

顔を識別する能力は10歳ぐらいまでに急速に発達し、いったん停滞、そして13歳前後からふたたび記憶力を高め、20歳前後で発達がピークに達します。

その後は、徐々に下り坂を迎え、高齢になればなるほど、相手の顔がわからなくなってしまうのです

で、それが暴走するとあらゆるものが「顔」に見える現象が起こる

その優れた能力を使って日常に潜む「顔」を探して遊ぼう!

身近なところにもこんな風に【顔】に見えるものがいっぱいありますよね♪

↓に紹介するサイトではそんな「顔」に見える様々な写真が掲載されていて見るだけでも面白い♪

「顔」に見えるものって実は身近にいっぱいあります!

意図的だが、ものに「目玉」を付けると何でもアニメのキャラに見える。これも面白い♪

自分でも「日常に潜む顔」を色々探してみるのも面白いかもね♪
こういう「顔シリーズ」を休日に散歩をかねてネットにアップしている方もいます!
写真や動画の趣味にしても面白いかもね♪

おまけ

壁の落書きや木目をジーっと見ていると、なんだか人の顔に見えてきたりするあの瞬間を映像にした作品。子供の頃や、風邪を引いたときにあるよね・・・

1 2



ルキーテagaruさん

海外の音楽や、映画、インテリア、ファッション、建物、幻想的なものから退廃的なものまで色々好きなものがあります。
暇があれば気になる情報をUPしますので良ければ覗いてみてね!