1. まとめトップ

夢をかなえるゾウ  課題のまとめ

夢をかなえるゾウの課題のまとめです読み終えて期間が開くと本の内容は忘れてしまうもの…そんな時にガネーシャからの大切な課題をまとめてみました

更新日: 2014年11月20日

884 お気に入り 598473 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

face1000さん

『夢をかなえるゾウ』(ゆめをかなえるゾウ)とは、日本の男性作家・水野敬也の著作による書籍である。飛鳥新社より2007年8月29日に刊行。分類はビジネスマン向けの自己啓発本であるが、その内容からファンタジー小説と紹介されることもある。

【靴をみがく】

ええか? 自分が会社行く時も、営業で外回りする時も、カラオケ行ってバカ騒ぎしてる時も、靴はずっと気張って支えてくれとんのや。そういう自分支えてくれてるもん大事にできんやつが成功するか、アホ! by ガネーシャ

「お洒落は足元から」の言葉があり、定説も色々ありますが
私的に、この言葉を考えると「隅々にまで気を配れ」と捉えております

『良い靴を履きなさい。良い靴は履き主を良い場所に連れて行ってくれる 』はイタリアの諺

【コンビニでお釣りを募金する】

出典ameblo.jp

偉大な仕事する人間はな、マジで世の中よくしたいて純粋に思て生きてんねんで。せやからその分、でっかいお金、流れ込んでくんねん。お金だけやない。人から愛されたり、幸せで満たされたり、もういっぱいええもんが流れてくんねん。 by ガネーシャ

ユダヤの智恵
ユダヤ民族に「得た収入の10%を寄付する」教えがあることをご存知ですか?
ユダヤ上流階級では、この教えを忠実に守っていると言われています。
それは「富」の法則を熟知し、寄付することによりお金が流れ、やがてまた自分に返ってくることを
知っているからです

【食事を腹八分におさえる】

ま、腹八分はささいなことに見えるかも分からんけど、これ、今日からずっとやってみ。食べたいと思ても腹八分で必ずおさえるんや。そうやって自分で自分をコントロールすることが楽しめるようになったら、生活変わってくるで。 by ガネーシャ

腹八分目に医者要らず

【読み】 はらはちぶんめにいしゃいらず
【意味】 腹八分目に医者いらずとは、満腹になるまで食べないで、八分目くらいで抑えておけば健康に良いということ。

【人が欲しがっているものを先取りする】

つまり、こういうことが言えるわな。『ビジネスの得意なやつは、人の欲を満たすことが得意なやつ』てな。人にはどんな欲があって、何を望んでいるか、そのことが見抜けるやつ、世の中の人たちが何を求めているかが分かるやつは、事業始めてもうまくいく。上司の欲が分かっているやつはそれだけ早く出世する。 by ガネーシャ

【会った人を笑わせる】

笑わせる、いうんは、『空気を作る』っちゅうことなんや。場の空気が沈んでたり暗かったりしても、その空気を変えられるだけの力が笑いにはあるんや。ええ空気の中で仕事したら、ええアイデアかて生まれるし、やる気も出てくる。人に対して優しゅうなれるし、自分のええ面が引き出される。それくらい空気いうのんは大事やし、笑いって大事なんやで。 by ガネーシャ

お腹の底から笑うと、心も体も元気になった気がしませんか?

実際、“笑い”が心や体に良いということは医学的に実証されつつあり、最近では病気の予防や治療においても注目を浴びています。
あまり知られていませんが、若くて健康な人の体にも1日3000~5000個ものがん細胞が発生しています。
これらのがん細胞や体内に侵入するウイルスなど、体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞です。
人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だとがんや感染症にかかりにくくなると言われています。

私たちが笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。
“笑い”が発端となって作られた“善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです。
逆に、悲しみやストレスなどマイナスの情報を受け取ると、NK細胞の働きは鈍くなり免疫力もパワーダウンしてしまいます。

ただ、免疫力は強ければよいものではありません。リウマチや膠原病など自己免疫疾患と呼ばれる病気は、免疫システムが体に悪い影響のある物質だけでなく自分自身の体まで攻撃することで引き起こされます。
実験を行ったところ、“笑い”にはこうした免疫システム全体のバランスを整える効果があることも明らかとなりました。
つまり大いに笑えば、がんやウイルスに対する抵抗力が高まり、同時に免疫異常の改善にも繋がるのです。

【トイレ掃除をする】

トイレを掃除する、ちゅうことはやな、一番汚いところを掃除するっちゅうことや。そんなもん誰かて、やりたないやろ。けどな。人がやりたがらんことやるからこそ、それが一番喜ばれるんや。一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。 by ガネーシャ

ある金持ちが
「人はどうやったら金持ちになれるか」という研究をしていたところ

大富豪にはある共通点が見つかったそうです。
それはトイレがピカピカだったということでした。
松下幸之助は、だれよりも早く会社にいって仕事をする前にトイレを掃除していた。
本田宗一郎も普通は隅に配置するトイレを工場の真ん中において大事にしたそうです。
トイレというのは最も汚いイメージのするところで、
普通の人は掃除をしたがらない場所。
人が嫌がることを率直してやる姿勢が大事。

【まっすぐ帰宅する】

会社終わったら自由やから遊んでええというわけやないんやで。むしろ逆やで。会社が終わったあとの自由な時間ちゅうのはな、自分がこれから成功していくために『自由に使える一番大切な時間』なんや。 by ガネーシャ

【その日頑張れた自分をホメる】

日本人は「自分ホメ」が足りない
1996年のアトランタオリンピック女子マラソンで銅メダルに輝いた有森裕子さんが「初めて自分で自分をほめたい」という言葉が頭に思い浮かびました。その言葉はその年の流行語大賞にも輝きましたが、その言葉が流行するくらい、自分をほめるという文化が日本人の間にないのかなと思ったんですね。谷口さんから見て、現代人の間で「自分ホメ」は足りていると思いますか?

【一日何かをやめてみる】

(時間が)ぱんぱんに入った器から何かを外に出すんや。そしたら空いた場所に新しい何かが入ってくる。それは、勝手に入ってくるもんなんや。たとえば、自分の周りで会社辞めたやつも、意外としぶとう生きてるやろ。それは、会社辞めることで空いた器に何か新しい仕事が入ってきとるからやねん。 by ガネーシャ

【決めたことを続けるための環境を作る】

本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな。 by ガネーシャ

自分を変える秘訣。

ひとつの考え方ですが、発想を変えて、周りの環境を自分で
意識して変えるというのもアリです。
例えば、普通、下記のように思うわけです。
・このゲームをしている時間を勉強に当てれば、試験に合格できる。
・このテレビを見ている時間があれば、読書量を増やせる。
・この漫画を読む時間があれば、(ネットビジネス等の)作業量を増やせる。
勉強にせよ、何にせよ、「やればできる」「続ければできる」
と主張する本が結構多いです。習慣をいかに作るか、です。

1 2 3