1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

実写版「黒執事」 謎の葬儀屋役に”栗原 類”を起用・・・ネットで話題に

2014年の新春に映画公開されると言われている実写版「黒執事」にネガティブモデルで有名な栗原類さんが謎の葬儀屋役として映画へ出演することが明らかになった。

更新日: 2014年01月13日

61 お気に入り 176692 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

alive1984さん

■ 実写版「黒執事」に栗原類 出演へ

“ネガティブすぎるモデル”としてブレーク中の栗原類さんが、人気マンガが原作で水嶋ヒロさんの俳優復帰作となる実写映画「黒執事」に出演することが9日、明らかになった。

栗原さんが黒執事に出演になるとは・・

映画版は、原作から約130年後となる2020年の西洋と東洋の文化が入り乱れたアジアの都市を舞台に、オリジナルストーリーが展開される。

人気アニメ・漫画「黒執事」を実写化したもの

「NANA」シリーズの大谷健太郎監督と、テレビアニメ「TIGER&BUNNY」のさとうけいいち監督が共同でメガホンをとり、「月刊Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の枢やな氏の人気コミックを実写映画化。

人気漫画・アニメで話題を呼ぶ黒執事

栗原さんはどんな役を演じるのか?

栗原さんは、闇社会に生きる謎の葬儀屋・ジェイというオリジナルキャラクターを演じる。

実写版のみのオリジナルキャラ

事件の発端となった大使館員の遺体を運ぶジェイは、闇社会に生きる年齢不詳の浮世離れした人物だ。

ミステリアスなキャラですな

■ 衣装は共同監督の「さとう」氏がデザインを手がけた

エナメルのロングコートにレオパードのジレ、機械的装飾のハットというコーディネートは個性的

監督はノリノリで衣装のデザインを手がけていた

特に帽子はジェイのイメージに合わせ、オーダーメイドで作られた。

衣装作成に高額をかけたらしい

■ 会見の際に栗原さん、さとう監督はこう述べている

画像はイメージです

さとう監督

「今回のコスチュームは、さとうもノリノリでデザインさせていただきました」

さとう監督もノリノリで衣装製作にあたったそうです

栗原類さん

「水嶋ヒロさんの3年ぶりの俳優復帰作に出演できてうれしいですが、僕は芝居経験がほとんどないので、お力になれるかどうか不安でした」

映画出演は初でもある

「今回の衣装、好きです。特に帽子がトップハットなのに、いろいろ付いていて、珍しくてすてきです。衣装、全てまるごと頂きたいですが、お値段がいくらになるかわからないので……」と本音を漏らしていた。

栗原さんは製作された衣装がお気に入りのようです

「(現場は)子どもの夢みたいな、まるでティム・バートンの映画のような世界観だったので、感じたことを自由に演じさせていただきました」と乗り切った。

どこまでキャラを演じられるかが鍵となる

■ 映画公開については

ネットでの反応

黒執事の実写の葬儀屋が栗原類とかwwwwwwww見たいwwwwwwww

実写版黒執事にゴーリキーと水嶋ヒロはあかんやろっておもったけど葬儀屋役に栗原類は正解だと思うw

黒執事で栗原類がオリジナルキャラクターの謎の葬儀屋で出るって言ってたけど、それって原作の葬儀屋が出ないってこと?

1 2