1. まとめトップ

武道家【ブルース・リー】の哲学的名言

ブルース・リーの哲学的名言集

更新日: 2014年05月01日

face1000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
194 お気に入り 357284 view
お気に入り追加

何かについて考えすぎると、それを成し遂げることは到底不可能である。

物理的であれ、なんであれ
いつも自分のやることを制限してしまうと
それはあなたの行動、人生にも広がってしまう。

限界などない、停滞期があるだけだ
そこに留まってはいけない。

パンチに予備動作を加えてはいけない。瞬時に打て。

常に自分自身であれ 自分を表現せよ

自分の中に信念を持て

行動に裏打ちされた現実的な夢追人であれ。

並みの強さは歯を食い縛る程度の努力で得られるが
それでは人並みだ
並みの強さは努力で誰でも得られる
だがその上を目指すのであれば限界を超え続けなければならない

優れたフットワークは、どのようなパンチやキックも打ち負かす

<三つの鍵>シンプルさ。直接性。自由。

武道家は2つの問いかけをする必要がある
自分が何をしたいのか。
何が最速で、もっとも効率的かつ効果的に目的を達成できるか。

スタイルは、我々の考えを固定化させてしまう。
というのは、パンチやキックを出す時にも、
その流派のやり方で行わなければならないからである。
しかし、その方法というのは、
経験や理論に裏打ちされたものではないのである。
それは誰かが何世紀も前に考えたもので、
それが今でも素晴らしいとは限らない。
スタイルとは、絶対的なものではないのだ。

ある人物のことを知りたければ、他の誰かと一緒に行動している時の様子を観察すればよい。

<他人を傷つけないようにしよう>私は自ら進んで人を傷つけようとは思わないし、たやすく傷つけられるつもりもない。

人間はいつも成長している
人間はパターン化された思考を行動によって、
行動を制限されると成長をやめるものだ。

知るだけでは不十分だ
実際に応用しなければならない
意識があるだけでは不十分だ。
実行しなければならない

全ての武道とは、川下に流れていく水のようであるべきで、
決してよどんではいけない
それは変化する事が目的ではなく、進歩する事が目的なのである。

敵と戦うとき、勝敗は意識のなかから消し去るべきである。 状況に応じて動けばいい。

誰が正しくて誰が間違っている、誰が誰より優れているなどと考えるな。賛成も反対もするな。

「鉄則を学び、鉄則を実践し、やがて鉄則を忘れる。
形を捨てた時、人は全ての形を手に入れる。
スタイルを何も持たない時、人はあらゆるスタイルを持つことになる」

武術家の肉体は武器である。にもかかわらず、武器の手入れを怠る人間が、なんと多いことだろう。

誰かからの助けを期待す るのではなく「自助が肝心 だ」と思わなくてはならな い。

「そもそも限界というものはあり得ない。
ただ水面が永遠に広がり、最果てはない。
しかし、それでもそこに留まっていてはいけない。
その結果、命を落としても、それはそれまでの話しなのだ。」

自己実現が重要だ。 それと私が皆に言いたいのは、
「自己 イメージ」の実現ではなく、 「自己」の実現に向かってほしいとい うことだ。
誠実な自己表現のために、自分の内側 をよく観察してほしい。

「皆が皆、勝つ方法を学びたがる。しかし、決して負ける方法は学ぼうとしない。負けを受け入れること、
即ち死を学ぶことは死から解放されることだ。このことが理解できれば、自由に流れ、調和していくことができる。流れることは、無心への道だ。明日からは、野心を抱かずに死の芸術を学ぶべきだ。」

戦う者には、鷹のように鋭い目、狐のように狡猾な頭、猫のように素早い動き、豹のような獰猛さ、コブラのようなスピード、そしてラクダのような忍耐力が必要だ。

「私は「できると思うからできる」という古くからの格言を重視し始めている。思っていることに対し、強固な目的意識、忍耐力、そして思いを実現したい燃えるような情熱を加えれば、誰でも必ず目標を達成することができるだろう。」

皆が隣人を救うのなら、救済のない 人は存在しない

板やレンガを割ることは、相手を倒すことと同じではない。
板を何枚割れたからといって、相手を倒せるという保証にはならない。
板は殴り返してこないからね。

悲観的な考え方は、成功を遠ざける。楽観的な考え方は、成功に導く信条である

俺はお前のために生きているのではない。お前も俺のために生きているのではない。

1 2

関連まとめ





【公式サイト】
【厳選】えっ?マジで!結構当たってるかもww恋愛心理学テスト

ブラック心理学テストも公開中ですw
こちらのサイトも要チェック!!ハマる人、続出中ww

運営サイトは随時更新中♪

このまとめに参加する