1. まとめトップ

他人事じゃない!働き盛りに多い「過緊張」に要注意!

明日の仕事が気になって、夜中に目が覚めてしまったり、不安から逃れられず動悸が続くことなど、経験ありませんか?働き盛りの人に多い「過緊張」は、放っておくと万病のもとになってしまうようです。

更新日: 2013年07月10日

122 お気に入り 196687 view
お気に入り追加

心身ともに影響大。過緊張とは

「明日のプレゼン、どうしようどうしよう…」

いつでも心身が緊張し、自分で緊張をとってリラックスしようと思っても緩められない状態のこと

過度な緊張状態が続き、自分では緊張をほぐすことの出来ない状態を「過緊張」といいます。

筋肉だけではなく精神的にも一種パニックに陥っている状態

仕事や人間関係などのストレスにより、神経をすり減らしている状態。

過緊張状態になるとパフォーマンスはどんどん下がってくる

適度な緊張状態が一番頭の働く状態と言われていますが、度を越した緊張や、緊張をうまくほぐすことが出来ないとこの「過緊張」の症状が現れ、仕事にも影響をきたします。

病気とはいえないのですが、放っておくといろいろなトラブルにつながる厄介な症状

過緊張は放っておくと万病のもとになってしまいます。

悪化すると治癒に長い時間がかかり、日常生活に支障をきたすこともある

深刻な不調や症状がない限りは放置されがちですが、油断は禁物です。

こんな症状がある人は注意

「変な時間に目が覚めて、眠れない…」

きちんと寝ているのに、眠った気がしない

8時間寝てるのに、なんだか疲れが取れない…そんなこと、ありませんか?

夜中に何度も目が覚める

目覚ましが鳴る前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなるといった症状も。

暑くもないのに汗をかく

自律神経の乱れから起こる症状のひとつ。

理由もなく動悸がする

日中から夜まで、動悸や息苦しさ、不安、イライラ感が続く。

口の中がネバネバする

緊張すると唾液の質が変わったり、分泌量が減少して口の中がネバネバしてしまいます。

喉や胸に違和感・つかえを感じる

働き盛りでストレスが多い環境では、とてもよくある症状です。

過緊張の原因

「あれもこれもやらなきゃ…!」

ストレスが主な原因とされています

過密スケジュールや、人間関係の悩みなど、恒常的なストレスが過緊張を引き起こします。

自律神経バランスが崩れ、交感神経優位な状態が、不自然に長く続いてしまう状態

「交感神経」から、昼間の緊張をゆるめ心身を休息させるための「副交感神経」への切り替えがうまく機能していない状態が「過緊張」です。

几帳面で何事にも一生懸命に取り組む人、真面目で疲れていてもついがんばってしまう人は過緊張になりやすい

こういった性格の人は、うまくストレスを発散することができず、過緊張のリスクがあるようです。

最近は、長時間のPC(パソコン)作業によるテクノストレスから過緊張になる人が増えているそうです

テクノストレスとは、パソコン依存症やスマホ依存症、VDT症候群(コンピュータのディスプレイを長時間見たことによる目や心の病気)など、コンピューターやOA機器との関わりで発症する病気の総称です。

しっかりと対策して体調管理を

「南の島へ逃げたい…」

緊張から逃れるために人から離れようとするより、緊張する自分と向き合って緊張を解消するほうがだんぜん良い

人と関わらずには生きてはいけない世の中。人を避けようと思うと、余計にストレスが溜まってしまいます。

好きな音楽を聴いたり、好きなアロマの匂いをかぐ

自ら進んでストレスを感じない環境に身を委ねるのは効果的です。

薬酒を飲む

血行をよくして体調を整える効果があるとされる生薬(漢方)も効果的なようです。イライラを解消するのに効く「柴胡加竜骨蠣蛎湯」や、とくに男性には滋養強壮作用のある「八味地黄丸」、体に元気をつける「補中益気湯」などが疲労回復に効くとのこと。

人に愚痴るだけでも効果的

言語化といい、不安を言葉に表現できるとスッキリし、少し楽になります。

自分なりの緊張のほぐし方を見つけ、一日の疲れはその日のうちに取り除く

それぞれのストレス解消法を見つけ、仕事(適度に緊張した状態)とリラックスしている時間のバランスを取ることが重要といえます。

1





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!