1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ヤクザが映画?「地獄でなぜ悪い」園子温が放つ初娯楽作がすごいらしい!

【NEWS追加!】2013/9/28公開「地獄でなぜ悪い」鬼才・園子温監督が放つ、初めての娯楽作ということで評判は高まる一方。「ヤクザが娘のために映画の撮影する」という予測不可能なストーリーと、國村隼・二階堂ふみ・堤真一・長谷川博己・星野源など実力派俳優が集った注目の本作についてまとめました!

更新日: 2013年09月18日

274 お気に入り 108199 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moyoccoさん

NEWS!!

鬼才・園子温の新作「地獄でなぜ悪い Why don’t you play in hell?」とは?

アクションの要素と共に、コメディーの要素、園監督作品らしいバイオレンス描写も含まれ、裏テーマには「35ミリ映画への愛」も詰まっているという

園監督が「アクション映画を撮りたい!」という思いから15年以上前に自身が書いた脚本を発掘して加筆、映画化に漕ぎ着けたという本作。“痛快無比のウルトラ・アクション活劇”とも称される作品に仕上がったそう。

1961年12月18日生まれ
愛知県豊川市出身
映画監督・脚本家・詩人・パフォーマー

17歳で詩人として雑誌に投稿。85年の監督デビュー以降、数多くの自主映画を制作し、2001年以降「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」「ヒミズ」「希望の国」などで監督としてその名を馳せる一方、「時効警察シリーズ」「みんな!エスパーだよ!」などドラマにも携わる。

このシナリオは十数年ほど前に書いていたもので、それを今の僕が共同脚本するような気持ちで加筆しました。『キル・ビル』っぽい、と言われることもあるけれど、先にシナリオは書いてたので、どこか似てたとしてもそれは偶然です(笑)。とにかく過激で、しかもいろんな要素がてんこ盛り。だからいろいろなジャンルの方にお声掛けさせていただきました。今回は純粋にお客を楽しませられればいいと思っています。

これまでも過激な作風で知られてきた園監督ですが、どうやら今回の作品は一味違うようです。

「地獄でなぜ悪い」あらすじ

ヤクザの組長・武藤は、獄中の妻しずえの夢でもある、娘ミツコを主演にした映画の製作を決意。「映画の神様」を信じるうだつのあがらない映画青年と、通りすがりのごく普通の青年を監督に迎え、手下のヤクザたちをキャストに映画作りを始める。しかし、対立する池上組の組長でミツコに恋心を抱く池上も巻き込み、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

ヤクザ×映画製作…? 斬新な組み合わせ…ですね…

濃すぎる!個性派キャスト達

出典eiga.com

1955年11月16日生まれ
熊本県出身

1981年「ガキ帝国」で映画デビューし、「萌の朱雀」で映画初主演。名バイプレイヤーとして数々の作品に出演し、脇を固めるベテラン俳優。

<映画>
「萌の朱雀」(1997)
「アウトレイジ」(2010)など多数

<テレビドラマ>
「芋たこなんきん」(2006)
「行列48時間」(2009)
「メイドインジャパン」(2013)など多数

1964年7月7日生まれ
兵庫県西宮市出身

長きにわたり舞台への出演を精力的にこなす一方、テレビドラマ、映画などでも幅広く活躍。報知映画賞では史上4人目となる優秀主演男優賞・助演男優賞を授賞するなど、幅広い演技で高い評価を受ける実力派俳優。

<映画>
「フライ、ダディ、フライ」(2005)
「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ(2005/2007/2012)
「クライマーズ・ハイ」(2008)
「容疑者Xの献身」(2008)
「SP THE MOTION PICTURE」(2010/2011)など

<テレビドラマ>
「ピュア」(1996)
「やまとなでしこ」(2000)など

1977年3月7日生まれ
東京都出身

文学座研修科に所属中の2003年「BENT」で初舞台を踏み、座員を経て退団後も数々の舞台に出演。2010年ドラマ「セカンドバージン」で注目を集め、2011年「鈴木先生」でドラマ初主演、同年「家政婦のミタ」で大ブレイク。

ドラマ
「セカンドバージン」(2010)
「鈴木先生」「家政婦のミタ」(2011)
「運命の人」(2012)
「八重の桜」「雲の階段」(2013)など

1981年1月28日生まれ
埼玉県蕨市出身

大人計画所属の俳優、多数の連載を持つ文筆家としても知られる一方、ミュージシャン、映像制作ユニットで活動するなど、マルチに活躍。ジャンルを超えてその才能を発揮し、ファンを急増させている。

<映画>
「69 sixty nine」(2004)
「ノン子36歳(家事手伝い)」(2008)
「箱入り息子の恋」(2013) など

<テレビドラマ>
「タイガー&ドラゴン」(2005)
「アキハバラ@DEEP」(2006)
「去年ルノアールで」(2007)
「ゲゲゲの女房」(2010)
「11人もいる」(2011) など

出典eonet.jp

1973年8月2日生まれ
愛媛県松山市

吉本興業所属のお笑いタレント。学生時代にローカル番組のリポーターから芸能界に転身、社会人を経て芸人を志し吉本へ。

映画・サビ男サビ女「くれえむないと!」(2011)での主演や、ドラマのゲスト出演など女優としても活動している。

園監督と初タッグとなるキャスト陣は皆、園監督作品への出演を熱望していたようで、國村が「即決でした」と言えば、堤も「『ぜひ一緒にやってみたい!』と出演を決めました」。長谷川にいたっては「こんな映画のこんな役を演じてみたかった。まさに“待ち望んでいた役”。映画の神様ありがとう!」と出演の喜びを語っている

個性派俳優達もノリノリだった様子!これは出来が楽しみ~!

試写での評判は…??

『地獄でなぜ悪い』の試写@東映第一。『みんなエスパーだよ!』の園子温監督の映画最新作。今回はヤクザの組長が娘主演の映画を、自主映画製作集団のメンバーたちを巻き込んで作る。何とも大胆不敵な映画。映画愛に満ち、それが狂気をはらんでいく。まさに、園子温版『蒲田行進曲』! #eiga

園子温監督の「地獄でなぜ悪い」試写を観る。ヤクザの組長の娘を主演に映画を作るはめになった映画青年たちを軸に、血まみれの抗争を映画にしていくという型破りな物語。血しぶきが飛び交う映画ながらも仕上がりはコメディ。園映画の中では最もエンタメ度高い。二階堂ふみの格好良さには惚れ惚れ。

園子温監督『地獄でなぜ悪い』試写。度を越しまくったエクストリーム映画愛に塗れたスーパーハイテンションヤクザ映画。去年インタビューした時に、製作にゴーサインが出たけどあんなん撮っていいのかなあと本人が言ってたのがコレか笑。いやー最高。二階堂ふみってホント凄い女優だ。公開は九月。

園組「地獄でなぜ悪い」0号試写。いやはや、いい意味でジャンルにくくることができない作品。メチャクチャにはじけてて面白かった、怖かった、感動した、笑った!なんだ、これ?凄い面白いよ。言葉はいらないからとにかく観てほしい!9月28日より全国順次ロードショー!

昨日のことをちょこっと。初めて行くしたコメ映画祭in台東でした。オープニングの『地獄でなぜ悪い』を観れた訳だけど、本当に最高だった。映画館であんなに大声で笑って拍手して観客が夢中になって入り込む一体感、ちなみに僕はあるシーンで尋常じゃないくらい全身に鳥肌が立つという初体験をした。

したコメで園子温監督の新作『地獄でなぜ悪い』とてもよかった。破天荒な設定、強引なアクション、ピュアで愛嬌たっぷりなキャスト。炸裂した時の喜八映画みたいで泣けました。堤真一&星野源の顔芸スキル高過ぎ。星野源は『自転車吐息』の園監督に姿かたちがそっくりだな~。

今度、『地獄でなぜ悪い』を映画館で見る時は、したコメ以上の盛り上がった雰囲気で見たい!観客全員であの歌を歌いたいww

公開日9/28までの動向に注目!公式情報はこちらから

1 2