1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

「焼酎3M」お酒好きなら一度は飲みたいですね

焼酎通なら当たり前、そして一度は飲んでみたい鹿児島生まれの極上の焼酎とは?

更新日: 2016年01月07日

713 お気に入り 253777 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

鹿児島に極上の焼酎があります。ややくせがある芋焼酎。焼酎通ならやはり芋ではないでしょうか?そんな中、不動の3Mといっていいものがこちらです。

その焼酎界の「3m」と言われているのが、「森伊蔵」「魔王」「村尾」です。 こちらの3mは味と風格もさることながら、値段も破格です。

「魔王」、「森伊蔵」、「村尾」の三本の焼酎は「3M」って呼ばれますね。三本とも貴重かつ高価な芋焼酎ですよ。

魔王

鹿児島本土最南端・大熊半島の白玉醸造で造られる「魔王」。 シラク大統領が飲まれたことでも有名です。

「天使を誘惑し、魔界の王へ最高の酒を調達・献上する悪魔たちによってもたらされた特別なお酒」が命名の由来

フルーティーでみかんのような香りはまるで洋酒のよう。 芋焼酎の概念を覆すようなこのお酒はオン・ザ・ロックや水割りに最適です。

森伊蔵

明治18年の創業以来、鹿児島の錦江湾沿いに蔵をかまえ、焼酎作りの技法を5代に渡って守り続けています。 銘柄は4代目当主の名前が由来。

福井のコシヒカリと低農薬の黄金千貫と垂水の名水を使用し、合掌造りの伝統蔵で、かめ壺を使い丁寧に仕込む。

芋の風味、甘味、切れ味、とどれをとってもすばらしいバランス。なにより、後味の長さと心地よさは感動的。

村尾

明治35年創業の老舗です。 現在は三代目村尾寿彦氏が杜氏をしており、変革を恐れない製造に意欲的なようです。

焼酎造りの天才といわれる村尾寿彦氏が、原料調達から、仕込み、蒸留、配達まですべてを1人で賄っている。

数年前まで1人で続けてきたが、現在は2人の娘婿と三女が加わった。頼もしい後継者を得て、村尾さんの意気込みはさらに高まっている。

飲みたいと思いませんか?

都内で魔王が飲めるお洒落なバー

http://p.tl/n6uW
(公式サイトに飲める焼酎一覧あり)

1