1. まとめトップ

日本絵画から影響を受けまくった西洋の絵画作品まとめ

ジャポニスムの影響はよく知られるところ。というわけでまとめてみました。

更新日: 2014年09月01日

11 お気に入り 46867 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

TSTさん

ドガ

ご存知の方も多いかもしれないが日本絵画、ことに浮世絵などが西洋絵画に与えた影響は絶大なんです。ここではそんなジャパンナイズドされた画家の作品を紹介します。

注目手法 べた塗
雑さが手法というのも変な話ですが、古典主義で極まった精緻とは対照的にこれらの絵画は日本絵画のあるしゅおおざっぱさを取り入れて、大胆な表現を可能にしました。

ゴッホ

タンギー爺さんはゴッホが通っていた画材屋の主人であった。背後にあるのは広重などの作品。

これはモネの奥さん。こんな風にうちわやらなんやらがこの時期たくさん輸入されて、部屋に飾るのが流行った。

注目手法 切断
西洋画では人を描くときには画面に収めきるのが基本でした。しかし日本絵画の構図に影響を受けた画家たちは敢えてその慣例を破り、必ずしも全身を画面の中に描かず、いわゆる絵の端で「切断」を行っています。下のロートレックの絵にも顕著でしょう。

ロートレック

ロートレックも浮世絵ファン。平面的な描写や敢えて人体の全体を描かない手法はその影響。

出典www.ne.jp

役者絵を思わせる構図。

ドガ

実はドガも浮世絵に影響を受けた。足だけが描かれる奇抜さ。

マネ

エミール・ゾラが座っている。右上に大鳴門灘右ヱ門とオランピアが揃い立ちです。

クリムト

注目手法 植物
西洋絵画の目的の一つが人間の美をいかに描ききるかということでした。これに対し日本やアジア圏の絵画では植物が大きく描かれた作品も多いですよね。人の西洋 対 自然の東洋 という対立軸がおおざっぱに言えばあるともいえます。しかし東洋の影響を受けた画家たちは植物や動物の姿を自らのキャンパスに大きく描くようになりました。

クリムトは特に琳派からの影響を受けたといわれる。装飾性の高いこの一枚。

金箔を使いまくるスタイルはまさしく琳派。視覚的にも経済的にもゴージャス。

こちらは本家琳派、尾形光琳の作品。

ミュシャ

植物のモチーフや平面的な構図がやはり浮世絵風か。木の幹に注目していただきたい。広重の幹を思わせる塗りつぶし。

でも実は・・・

これは広重の名江戸百景。実は浮世絵も西洋からの影響を受けています。このような遠近法は江戸時代に西洋からもたらされたもの。同じ時代に東西の美術がそれぞれに向き合っていたともいえる。

こちらは浮絵。歌川国直のもの。浮世絵より先に遠近法を導入した。

1