1. まとめトップ

雑誌の定期購読をしたい人のための専門サイトまとめ

雑誌って本屋も減って手に入りづらくなってきましたよね。確実に読むであろうものならオンラインで買っちゃったほうがいいんじゃないですか。最近は出版社の直販以外にも、定期購読専門のサイトや、書店サイトで定期購読もやってるところがあるんですよね。定期購読のメリット、デメリット、主要サイトをまとめてみました。

更新日: 2015年11月07日

20 お気に入り 86873 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shinjukuさん

定期購読ってどんなメリットが有るの?

1,安い場合がある
雑誌は再販制があるので基本的には値引きが出来ないが、年間購読という1セットの商品となった場合に値びくケースはある。
2,送料が安いか無料の場合がある
3,早い便で早い発送をしている場合、先に届くことがある(ウレシイ)
4,買い逃がさないで済む、書店の在庫を気にしなくてイイ(書店では売れてない本だとだんだん見つからなくなったりするので…)
5,特典がつく場合がある(一部出版社直の場合など)

デメリットは?

1,途中で雑誌が潰れる可能性
その場合は零細な出版社から直で買うよりも、下のような販売サイトで買ってたほうがリスクが低いですね。
2,送料の安い便だと、発売後に到着する可能性が高い
雑誌がこれらの販売店に入るのは発売日の約2-3日前なので、即日発送しても、郵便で1-3日、メール便だと速達でなければそれ以上。場合によっては到着が発売日より遅くなることもあります。

最近の流行は!?

最近の流行は、月額支払いの定期購読。
半年、1年支払いよりも、毎号精算のほうが無駄がないし、雑誌や業者がつぶれた場合のリスクも最小限にとどめられる。これを実現しているのは大手サイトの「マグデリ」「Fujisan.co.jp」など。実際にはクレジットカードや預金口座に定期的に請求される仕組み(※それ以外の場合もある)。

取次系

IT大手系

流通系

書店系

1