1. まとめトップ

防げる「化粧崩れ」 リキッドファンデを正しく使おう!

暑い夏、汗でメイクが崩れるのは女子の悩み!リキッドファンデーションの正しい塗り方とお手入れでもう崩れない!崩さない!

更新日: 2019年04月07日

922 お気に入り 2400594 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jackfrostenさん

夏用の崩れないファンデーションを買わなくっちゃ!!

手持ちの物で正しく崩れにくいベースを作れば大丈夫!!

リキッドファンデは強い味方

崩れない化粧品ではなく崩さないメイクをしようということです。

毎日の洗顔の時に気を付けること。

ゴシゴシ洗顔したり、タオルで強くこすったりしないようにしましょう。

暑くても冷水ではなく体温程度(34〜36度)のぬるま湯ですすぎましょう。

冷水では毛穴が閉じてしまい、汚れが落ちにくく基礎化粧品が浸透しなくなります。

メイク前にやっておきたい3つの事。

顔のうぶ毛を剃る

産毛が濃い、伸びるのが早いという人でも、1週間に一度くらいに留めましょう。

化粧水をパッティング

化粧水をつけたら肌の表面が少し乾くまで時間をおくと効果的。

乳液はティッシュオフを忘れずに。

「夏はベタつくから乳液はつけない」というのは誤った判断です。冷房による乾燥や強い紫外線などのストレスから肌を守るためにも乳液はしっかりつけましょう。

ベースメイクを始めよう!

下地は実際の肌の色よりワントーン明るめを選ぼう

日本のファンデーションの色は黄色味の強弱によって分けられています。イエローアンダートーンの肌はナチュラルやオークルが馴染み、ブルーアンダートーンの肌はピンク系を基本に合わせます。

★アンダートーンの見分け方の一例★

ブルー:青白い白く透き通った肌・日焼けした時に、赤くなって元の状態に戻る人
イエロー:少し黄ばんだオークル系の肌・日焼けした時に、赤くなって黒くなる人

お待ちかねのリキッドファンデーション!

リキッドファンデは1円玉大が目安。

地はつけすぎると逆に化粧崩れしやすくなってしまうからポイントは薄く!特に崩れやすい小鼻まわりや目の下などは軽く指の腹で弾ませながら密着させると崩れにくくなるよ!

1 2 3