1. まとめトップ

【やけど虫に注意】皮膚にとまったアオバアリガタハネカクシを潰さないこと

アオバアリガタハネカクシがヒトの皮膚にとまった時に、たたいたり潰したりすると体液が皮膚に付き、その体液中のペデリンという物質によって約10時間後に皮膚炎が生じます

更新日: 2013年07月12日

7 お気に入り 184234 view
お気に入り追加

成虫の体長は約7ミリ

分 布  日本全土
生息場所 (湿った)地表
出現期(成虫) 3~11月

人家にも灯火に誘引されてよく飛来する。網戸を閉めても、通り抜けることがあると言われている。

体液でやけどのように皮膚が赤く腫れて水ぶくれができ、痛みやかゆみを伴う「線状皮膚炎」に

そういや昨日アオバアリガタハネカクシが部屋におった事を思い出した。瞬着で固めて殺したけども。 高校のとき顔をやられてひどい事になったわ...みなさんも注意ね、潰したら水ぶくれよ pic.twitter.com/6GZe4PVMhG

@secret5code 潰したら酸的なやつ出すから水ぶくれになるよ(´・_・`)

アオバアリガタハネカクシがヒトの皮膚にとまった時に、たたいたり潰したりすると体液が皮膚に付き、その体液中のペデリンという物質によって約10時間後に皮膚炎が生じます

小学生の頃、通っていたところの校庭が芝生化した。じきにアオバアリガタハネカクシがすごく湧いて、裸足で駆け回る児童も多いしどうにか対処した方がいいと先生に話したけど、取り合ってくれなかった。そんな小学四年生。

治療はステロイド軟こうの塗布などで、一般的には完治まで5~10日

今日一日だけで自室で二匹もアオバアリガタハネカクシに遭遇して大変ブルーです。みんなもホント気を付けて……ゴキなんざキモイだけだけど、コイツはほんとに悪魔だからな。下手すると失明するし、肌に一生痣が残るからな。 iip.co.jp/zukan/mushi/22…

皮膚にとまったアオバアリガタハネカクシを潰さないこと

アリの形に似ており、体にアメ色の部分がある虫をみつけたら、虫を潰したり、皮膚を触ったりしないで、そっと外に出し、虫のとまっていた皮膚を洗い流す。

昨日の帰り道、コンビニで拾ったアオバアリガタハネカクシを撮影してみた。コイツは体液に毒(ペデリン)を持ち、へたにつぶすと腫れやら水ぶくれやらができて大変なんですが、毒虫だけにアウトローなかっこよさがあるかも。 pic.twitter.com/jRl2Spm

虫に触ったら、手を水洗いする

目の周りのかぶれ、毒虫の体液にかぶれたんだっていわれた。え~~~。植物にかぶれたのかと思ってたよ。アオバアリガタハネカクシだそうです。赤と黒のしましまの虫。虫さされのパンフもらっちゃったよ。でもかぶれの状態見ただけでよく虫の名まで特定できるよね。

君色少年: この夏注意!アオバアリガタハネカクシの猛毒に倒れそうです "体長7mm程の小さな虫なのですが、その体液が目に入ると、最悪の場合、失明する事もあるといいます。" bit.ly/1880IC2

「ヤモリのしょんべん」で失明する?

腫れるまで時間がかかるため、原因が虫とは気が付かず、地方によっては家屋内を徘徊するヤモリの尿が付着したためとする俗信を生み、これを俗に「ヤモリのしょんべん」と呼んだ。
「ヤモリのしょんべん」で失明するとの俗信もある。

1





スイカのタネさん

一番作りたいものは、『動画サイトに氾濫する動画をテーマ別に効率的にわかりやすく見るための動画集まとめ』です。しかし、大量の関連動画をすべて見てから取捨選択しているので、なかなか仕事が捗りません。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう