1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

非正規労働者が2,000万人超と過去最高の38.2%に!限定正社員制度でどうなる?

正社員と非正規社員との中間にあたる限定正社員制度。日本の労働環境はさらにどうなるんでしょうか?

更新日: 2013年07月13日

241 お気に入り 96150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2012年の就業構造基本調査

非正規労働者の総数(推計)は2042万人に

過去20年間で16.5ポイント増え、
正社員を中心とした日本の雇用形態が大きく変化している実態がより鮮明に
2013年7月13日のニュース

全ての労働者に占める非正規労働者の割合が、
去年、過去最高の38.2%に

07年の前回調査から
パート・アルバイトは101万人、契約社員は65万人それぞれ増加。

私も若い時分から非正規を渡り歩いて67才。国民年金にちょっと上乗せが有る位の年金。介護保険を容赦なく引き落とされ、毎日の生活は通帳とにらめっこ。誰のせいでも無いけどね。若い人達にはこんな辛い思いはさせたくない。誰もが安心して働ける「正規労働者」が当たり前の社会を熱望!

これに年齢差別が加わっているのが今の日本の雇用(´Д`)【悲報】非正規労働者の割合が38.2%で過去最悪!!男性が22.1%、女性が57.5% jin115.com/archives/51961…

これ、どんどんアピールしましょう。QT @shiikazuo: 非正規が広がった出発点は、95年の日経連報告書「新時代の『日本的経営』」の雇用の規制緩和の号令。99年に派遣労働が原則自由化、04年に製造業まで派遣が拡大、「使い捨て」労働が蔓延した(略)根本からのチェンジが必要だ。

今、正規雇用より、非正規雇用を望むのは、企業が即戦力を求めて人材を育てる意識を持たないからです。仕方なく非正規雇用に流れる構図。そのままで良いと感じている人ばかりではないのです。

女性の労働者は?

働く女性、20~30代で7割に 過去最高を更新

25~39歳の女性のうち働く人の割合が69.8%と過去最高を更新
2012年の就業構造基本調査より

なかでもパートやアルバイトとして働く人が多い女性は
非正規の比率が57.5%と、半数を大きく上回る。

家計を支える収入面の事情から子育て世代も離職せずに働き続ける傾向が強まっている。

今後、政府は限定正社員制度を広げていく方向に

限定正社員とは労働内容や地域が限定された正社員のこと。
別称「ジョブ型正社員」。

アベノミクスの3本目の矢「成長戦略」では言及されなかったが、
安倍政権は仕事や勤務地を限る
「限定正社員」という働き方を広げようとしている。

2013年7月5日のニュース

限定正社員の企業側のメリットは?

限定正社員の労働者側のメリットは?

転勤や残業がない限定正社員は子育てなどと両立しやすく、
仕事が変わらないので専門性も高めやすい。

限定正社員が制度化されれば、「非正規雇用と限定正社員で7割」と見出しになりそうだ。非正規を正社員化にしていく方が日本の雇用・経済の安定が上手く行くと思うが・・・。⇒ 非正規労働者 過去最高38% NHKニュース smar.ws/NcE7T #SmartNews

政府が目指す限定正社員導入。第三の道、て考え方は基本的に建前だよな。 無期雇用とは言えトータル的な待遇は良いものではない。名目上はことなっても、実態は非正規雇用、さらなる非正規雇用拡大となんら変わらないとみてよい

限定正社員? 無期雇用だけど労使合意がなくても解雇できて、転勤等が無くて仕事内容も限定? 仕事内容の限定ができない会社多いでしょ?遊んでる正社員の隣でセコセコ働く契約社員って環境、多いと思うな~

契約社員を限定正社員にしたところで、何が変わるのかわからない。 今まで通り安い給料で正社員並みに働かされるのが目に見えてる。 ガッカリ。少しでも期待してしまっただけに、本当にガッカリ。

20年に及ぶデフレについてはこんな意見も

1 2