舞鶴市シベリア抑留や引き揚げ資料など
 「ユネスコ世界記憶遺産」登録へ向け取り組み

出典舞鶴市シベリア抑留や引き揚げ資料など「ユネスコ世界記憶遺産」登録へ向け取り組み - 芸能ニュースラウンジ

京都・舞鶴市で市が運営する舞鶴引揚記念館に収蔵されている『シベリア抑留や引き揚げに関する資料』の平成27(2015)年での国際教育科学文化機関(ユネスコ)の『ユネスコ世界記憶遺産』登録を目指す取り組みを広めるもので東京初の開催となる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

シベリア抑留 日本人が知るべき歴史

ソ連からモスクワ時間1945年8月8日に宣戦布告され軍人だけでなく民間人も強制的に徴収シベリアだけでなくモンゴルや中央アジア、北朝鮮、カフカス地方、バルト三国まで移送されて、強制労働を科された。

このまとめを見る