日本に帰国後は伊藤忠商事に入社して、同社を総合商社へと発展させている、1945年にソ連との停戦交渉に赴くも、シベリア抑留によって11年間の強制労働を強いられた陸軍軍人で、政治家として中曽根内閣のブレーンとして三公社の民営化を推し進め、「昭和の参謀」と呼ばれたのは誰?

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

シベリア抑留 日本人が知るべき歴史

ソ連からモスクワ時間1945年8月8日に宣戦布告され軍人だけでなく民間人も強制的に徴収シベリアだけでなくモンゴルや中央アジア、北朝鮮、カフカス地方、バルト三国まで移送されて、強制労働を科された。

このまとめを見る