1. まとめトップ

脳が働く温度は室温5度?、受験生の雑学好きが致命傷になるワケとは!

脳が働かないのは栄養不足、睡眠不足という場合のほうが多いようです。

更新日: 2013年11月05日

5 お気に入り 11174 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

InfoWhnさん

低いですね

諸説ありますが最低温度は室温5度という研究結果があるそうです

人の脳が活発に働く温度。試験勉強、研究開発、暗記能力など最適室温は5℃。

室温が5度くらいが最高の成績になり、暖房を強めていくとおだやかに下がりはじめて、21度以上になると努力しても、覚えたことが頭に入りにくくなる。

室温より大切なことがあるかも知れません。

しかし、室温5度は難しく、室温18度、これくらいなら真夏でも達成できるかも

脳には、18℃前後の室温が一番働きやすい環境なのです。
この温度が、脳にある温度調整機能が活発に働き、感覚や思考が鋭敏になるとされているためです。

つまり無理をして室温を5度から18度にしようとするより、屋外との温度差は7度程度がいいということ。

一般に気温が高い時には血圧は低く、心拍数は増加し、気温が低い時には血圧は高く、心拍数は少なくなります。温度差の大きい場所を行き来すると、急激な血圧変化がおこり、狭心症や脳卒中の発作を引き起こすことがあります。

冷やし過ぎによる症状としては、疲労やだるさ、手足などの身体末梢部分の冷え、頭痛、神経痛、胃腸障害、女性の生理障害など。これらいわゆる「冷房病」予防のため、配慮したいのは屋外との温度差です。冷房病対策には室内外の温度差を5~7℃以内に抑えるのがいいとされています。

結局、普通の結論しか出ていない。

室温とパフォーマンスの関係も種々研究されています。
室温5度でパフォーマンスが最も上がるだとか、いや10度~20度だとか、脳温と室温に差があるほうがいいだとか、様々な結果が出ています。
頭寒足熱のうち、適度に「頭寒」であるとパフォーマンスが上がるというのが共通した結論のようです。

しっかり眠ることが記憶を定着させるための秘訣なので・・・

理想的な室温は、夏場が25℃、冬場は15℃、湿度は年間を通じて50%が良いとされています。エアコンをつける場合は、冷房は25~28℃、暖房は18℃~22℃を目安に設定しましょう。

最近の神経生理学的研究ではnon-REM睡眠の時期には記憶の強化作用があることが知られています。眠っている間に覚えた記憶が定着し、自分の技能として定着します。覚えたあとにぐっすり眠ると、その記憶が自分のものとして定着するということです。

現代の神経生理学的研究では、夢は主にレム睡眠の時に出現するとされ、睡眠中は感覚遮断に近い状態でありながら、外的あるいは内的な刺激と関連する興奮によって脳の記憶貯蔵庫から過去の記憶映像が再生されつつ、それに見合う物語が作られてゆくと考えられています

睡眠は神経パルスの伝達速度向上に重要

2013年09月05日 20時00分39秒

睡眠は神経パルスの伝達速度向上に重要な脳細胞の数を増やすことが判明

「睡眠中に脳の神経伝達に重要な細胞の数が増える」ことがアメリカの研究で明らかにされました。

1