1. まとめトップ

【これは怖い】あなたが政府やマスコミ・芸能人に不当監視される恐怖【国家犯罪】

実は監視社会化が進行している日本。何も悪いことをしていないのに政府やマスコミ・芸能人に不当監視される人が増えています。なぜこのようなことが起こるのでしょう?

更新日: 2017年06月10日

10 お気に入り 93534 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MieNa1012さん

(2016年9月1日) お知らせ

このスペースにリンクを貼っていた以下のTogetterまとめとNAVERまとめは諸事情によりリンクを外しました。

◆ ASKAのブログ(2016.01.09~13公開分/キャッシュ) - Togetterまとめ

◆【警告】CHAGE and ASKAのASKAさんに命の危険が及ぶ可能性があります - NAVER まとめ

盗撮盗聴被害を告発したASKAに対して色々強く肩入れする部分が あったのですが、このようなことになり、非常に残念です。

(2016年5月5日 追加開始)

NAVERまとめ運営サイドは、次々に表示停止していっているのをやめてください(2016/05/16)

数日前に、「ボストンマラソン爆発テロは」で一部表示停止になっているのに気が付きましたが、今日「【どうしてこうなった】監視社会の被害者、逮捕される」も表示停止(駐車禁止のような赤いマークがついている)になっているのに気が付きました。当方作成のNAVERまとめで次々と同様のことをするつもりでしょうか?運営サイドの判断により、の基準が明確ではありません。

(続き)これまでにも更新してもトピックボードに表示されなくなったことで、アクセス数への影響が生じております。当方作成のまとめは何ら違法行為に当たらないはずであり、理由なき非表示化は自由な言論を妨害するものです。今後非表示化その他通告なく何らかの処置を加えることは一切おやめください。理由がある場合は処置前に通告ください。
(2016/05/16 01:14 追加終了)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

【これは怖い】シリーズ第3弾!監視国家・諜報機関の実態を知りましょう。

▼政府や諜報機関が国民に対して行う監視行為および犯罪行為について語るチョムスキー氏

コインテルプロとはCounter Intelligence Programの略称であり、CIAとFBIが1960年代にスタートした(実際には50年代に始まったと言われています)非合法の謀略計画です。コインテルプロでは、アメリカ政府の工作員が、平和活動家などの反体制主義者に対し、政治活動の監視・盗聴・言動の密告はもちろん、令状なしの家宅捜査、対象者の信用低下工作、犯罪容疑をねつ造しての検挙、時には殺害行為まで行っていたことがわかっています。ヌーヴェル・ヴァーグの傑作『勝手にしやがれ』で知られるジーン・セバーグ、公民権運動の英雄であるマーティン・ルーサー・キングもこの犯罪の被害に遭っていました

※動画説明文より抜粋。全文は動画のタイトル部分をクリック⇒Youtubeサイトにてご確認ください

政府や諜報機関が行う監視行為、犯罪行為とは?詳しくは次のNAVERまとめでご覧ください。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

Webブラウザの使用状況により、知らない間にPCマイクやカメラで盗み見される恐れ

恐怖!もしもこんなサイトで四六時中盗撮されていたら・・・(!)

※この部屋の主は、海外掲示板のユーザーに、ここ数日見張られ続け、帰宅時間や性的な趣味まで全て解析されてしまったらしい。


他にも当ブログでは紹介できないようなヤバイ映像が多数みつかっている・・・

上記のGoogle Chromeと世界中のウェブカメラからの盗撮サイトは露見したものということに過ぎず、他にいくらでも同様のものがありそう・・・。

2017/01/12 追加開始

(╹д╹;)共謀罪で国民も真実も管理される!?

共謀罪を安倍政権は「テロ等準備罪」とラベルを張り替えて、今国会に提出する方針だ。

オリンピックを前にした「テロ対策」だと主張しているが、オリンピックと無関係に過去三度提案されたことを考えても、窃盗から公職選挙法違反まで刑法全体の書き換えに近いということを考えても、「テロ」とは噛み合わない。

それは、共謀罪の取り締まりとは犯罪行為以前のコミュニケーションを取り締まることであり、犯罪に関係するコミュニケーションを警察が割り出すには、すべてのコミュニケーションを捜査対象とせざるをえないからである。

明らかな嘘を「もう一つの事実」と呼ぶ政権——黒を白と呼び、白を黒と受け入れる、この「新語法」は「二重思考(ダブルシンク)」によって支えられている、とオーウェルは書く。

共謀罪とはすなわち、すべてのコミュニケーションを監視対象とする口実と言える。国民を監視したいという本音を「テロ対策」に置き換えて制定を目論む現在の政府。ジョージ・オーウェルの「1984年」で描かれた「明らかな嘘をもう一つの事実と呼ぶ政権」と変わりがないのではないか。

(╹д╹;)「共謀罪」を通常国会に提出。本当に大丈夫?

1 2 3 4 5 6 7 8 9