1. まとめトップ

京都の新運転免許更新センター(旧七条警察署跡)2016年9月1日から

伏見の羽束師にある京都の運転免許試験場での免許更新はいつまで?2009年の構想から約7年。京都の新運転免許更新センター(旧七条警察署跡)がようやく完成しました。

更新日: 2016年08月26日

4 お気に入り 64661 view
お気に入り追加

2016年8月 ようやく完成!

「京都駅前運転免許更新センター」と
「京都駅前地域防犯ステーション」の開所式が
(2016年8月)26日、
京都市下京区烏丸通七条下ルの複合施設で開かれた。

2016年08月26日のニュース

9月1日から運用が始まる
京都駅前運転免許更新センターなどが入る複合施設(上)
完成した京都駅前運転免許更新センター内(下)

免許更新は優良運転者と70歳以上の方限定で2016年9月1日から

更新センターは1階の一部と地下に入り、
優良運転者と70歳以上の人を対象に運転免許証の更新を受付。
府警は年間約9万人の利用を見込んでいる。

2016年08月26日のニュース

■これまでの経緯。

京都府運転免許試験場での更新手続

京都府警察自動車運転免許試験場は、
京都府京都市伏見区にある京都府警察が管理する運転免許試験場。

とっても交通の便が悪くて不便で有名

京都市内の運転免許試験場は不便なところにある。
市内の行政の施設中、一番不便でないかい?

京都市民の平均的な更新手続きについて説明しますと、
まず運転免許試験場までわざわざ行かなければならないわけで、
これが市内から遠い。

そろそろ免許の更新に行かねばならない。京都の試験場は羽束師(はづかし)というところにあって、たいへん不便。

京都は免許更新が警察署で出来ない事を知った。もの凄く遠い免許センターまで行かないとまずいらしい。え、地域によって違うの・・・?

「あした羽束師行かなっ!どうやって行こ(>_<)!」#京都あるある

免許再発行いこうかなーと思ったけどやっぱ羽束師までいくのはめんどくさい

免許取りに行ったときに知った、羽束師のアクセスの悪さに愕然。

廃止予定とされた七条警察署跡地 2009年に構想が

京都府では、警察署の再編整備により廃止される予定の
七条警察署跡地の最適な利活用方策について検討を行うため、
資産活用・地域防犯・まちづくり等の有識者懇話会を
平成21年(2009年)8月に設置

七条警察署とは?

2012年3月をもって廃止され、
跡地は京都府により防犯および運転免許などに関する施設である
「京都府民ステーション」(仮称)の整備が予定されている

場所は京都駅近くで交通の利便性がいい場所

いよいよ事業の公募が始まる

京都府では、元七条警察署跡地(京都市下京区)の利活用について
地域の皆さんとともに検討を重ねてきた結果、
運転免許更新センター及び地域防犯ステーションを
定期借地権方式を利用し民間活力を導入した手法により整備することに

平成25年(2013年)5月13日

2013年5月の予定では?

9月に優先交渉権者を決定し、10月に基本協定、
12月に事業契約を締結する。
埋蔵文化財調査と既存施設の解体工事を経て、2014年の着工

2013年5月14日のニュース

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ふみふむふむふみさん

ラッコは漢字で書くと海獺。海の獺(カワウソ)だよー。