1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

爽快!ツーリングやドライブにオススメな志賀草津高原ルート【国道最高地点】【渋峠】

群馬県と長野県の県境をまたぐ、志賀草津高原ルート(草津志賀高原ルートとも言います)。国道最高地点の渋峠を挟むこのルートは、非常に景色が美しいことで有名です。この夏に是非訪れてみてはいかがでしょうか。

更新日: 2017年09月24日

241 お気に入り 120767 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hrhn1211さん

志賀草津高原ルートとは?

志賀草津道路(志賀草津高原ルート)は群馬県と長野県の県境を走る、眺望素晴らしいルートです。

写真は、草津・群馬方面の展望を映したものですが、本当に雲上を走っている気分になれそうですね。

志賀草津高原ルートの概要

志賀草津高原ルートの県境を挟む区間は左のような位置関係となっています。

浮世離れした光景にビックリ!

白根山の山頂付近には湯釜と呼ばれる火山湖があります。

青い空と大地、そしてエメラルドグリーンの湖が広がる幻想的な風景です。

近付いてみても、この異質ともいえる色は際立ちます。

森林限界を超えた、樹木のない世界へ・・・

晴れた日には、遮るものがなく、本当に空が近いです。

ルート上には標高差を超えるために作られた、幾重ものヘアピンカーブが続きます。

ぐねぐね曲がりながら続いていくルートです

そして国道最高地点へ・・・

志賀草津高原ルートの県境付近にある「渋峠」は、実は数ある国道のうちで最高地点に当たります。

渋峠に近いホテルでは、群馬県と長野県をまたいで建設されており、一目見てわかるようなデザインになっています。

冬季閉鎖が明けて春が来ると・・・

4月下旬の開通時期、志賀草津高原ルートの醍醐味は、何と言っても雪の回廊の景観です。

全国的に立山黒部アルペンルート上にある室堂の雪の大谷が有名ですが、こちらの雪の壁も高さでは及ばないものの、見応えは充分にあります。両側を高い雪の壁に挟まれた中を行くドライブは、標高の高い地点を通る山岳道路ならではのもので、これを見るために多くの観光客が訪れます。

その中でも特に見応えのある雪の回廊は、県境の渋峠から群馬県側へ5~10分程度進んだ、山田峠周辺の区間に現れます。
積雪の多い所では、車の高さをはるかに超えて約8mにもなり、約5~8mの雪の壁が1km前後続き、絶景の中を行くドライブが楽しめるのです。

1