1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

iPhone5を充電中に通話した美人CAが感電死か?結婚を来月に控えての事故

中国でiPhone5を充電しながら使用して感電死したという事故が発生。この女性は来月結婚式を控えていたそうです。

更新日: 2013年07月21日

88 お気に入り 254059 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shunkakuさん

iPhone5を充電中に死亡事故!アップルも声明を発表した

中国新疆ウイグル自治区で、充電中の米アップルの「iPhone(アイフォーン)5」により20代の女性が感電死したとみられる事故があった

15日付の中国紙、新京報などが伝えた

中国メディアによると、この女性は中国南方航空(広東省)に勤める23歳の客室乗務員で、滞在中の新疆ウイグル自治区で11日夜に死亡が確認された

アイフォーンとの直接的な因果関係は不明だが、アップル社は同紙の取材に対し「徹底調査し、関係機関に全面協力する」としている

アップルチャイナの声明:
「我々も深く心を痛めております。亡くなった方とそのご家族にはお悔やみ申し上げます。この事案については徹底調査を行うとともに、全力で関係機関への協力を行う所存です」

アップルは、類似の事故がないかどうかの詳細にはコメントしなかった

死亡した女性の姉妹は中国版ツイッター「ウェイボー(微博)」に「アップルからの説明を望む。皆さんは携帯電話を充電中に使うのを控えてほしい」と書き込んだ

「こんな形で亡くなるなんて残念でたまらない」、「アップルが説明してくれることを期待する」などと書き込んだ。

一方で、あるユーザーは「もしこの事故が本当ならば、携帯を使う時はもっと注意しよう」と述べたつつも、「誰かがアップルを中傷しようとしているのか?」と付け加えた。

感電したという事故の状況

南方航空でキャビンアテンダントをつとめる馬愛倫(ま・あいりん)さんが、充電中のiPhone5にかかってきた電話に出たところ、

中国国営の中央テレビなどが中国版ツイッター「微博」の書き込みを引用する形で伝えた

日付が変わった12日0時すぎ、家族は愛倫さんが感電したと通報。鑑定の結果、馬さんの死因は感電死、首のあたりにハッキリと通電した痕跡があった

地元警察は女性が感電した事実を確認した。彼女が実際にどのような状況で通話していて感電したのかなど詳細は不明だが、この女性の妹はAppleを訴える予定とのこと。

この事故については不可解な点も

空姐っていうのは、スチュワーデスさんのこと

新華社通信は一方、携帯電話の電圧は3~5ボルトで、通常人体に影響があるほどの高さではないとも指摘している

ネット上では、充電中のスマートフォンで感電し、死亡にまで至るとは考えにくいとの疑問の声も上がっている

英紙ガーディアンは、女性は風呂から出た直後に電話に出て感電した可能性もあると報じている

通常、充電器から携帯へは5Vの電圧で1A(アンペア)の電流が流れるものだが、0.2Aの電流でも心臓を通過するような流れ方をすると致命的になることがあると指摘している

このiPhone5は2012年12月に購入したもので純正品。もちろん海賊版等のパクリ商品ではない

新華社によると、問題のiPhoneは昨年12月に購入されたもので、既に警察に提出されている

充電器が正規のものではなかった可能性も指摘されている

中国では正式な安全認証を受けていない携帯電話充電器の使用で、感電死したケースが報告されており

同事件について、中国消費者権益会は「CCC認証(中国政府が安全基準を満たしているか審査・認定する制度)を得ていない充電器には大きな潜在的リスクがある」として、使用しないよう消費者に警告した

中国メディア・中国新聞社は15日、(中略)5月には北京市でアップル社製充電器の模造品を使って充電していたところ、充電器が突然爆発する事例が報じられたことを併せて紹介した

ただ、正規品の充電器にも過去に問題が

iPhone 充電器に関しては5年前にも問題が発生している。Apple は2008年9月、利用者が感電したとする市場からクレームを受け、USB 充電アダプターの交換を実施している

『アップルでは、特定の状況下において Apple 超コンパクト USB 電源アダプタのプラグ部分(金属製の差し込み部分)が外れて電源コンセント内に残り、それが感電の原因となる可能性があることを確認いたしました。すでに流通している製品のごく一部にこの問題が発生したとの報告がありましたが、人体に危害がおよんだという報告は現時点では入っておりません』

その他、充電中に iPhone が発火したという事例が、ここ数年で何件か報告されている

1 2