1. まとめトップ
  2. カラダ

プールやスパなどで【水虫】に感染してしまうのを防ぐ方法

プールやスパ、温泉などの施設には水虫などが繁殖している場所が多々あります。これから暑くなると、行く機会が増えるプールなどでうつる危険性が増すので注意が必要です。

更新日: 2019年08月24日

203 お気に入り 131653 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

プールやスパなどで水虫に感染する

大衆浴場の足拭きマットや、プールのマットなどからうつる場合もあります。

水虫菌はマットの上でもしばらく生きていられます。

■プール内トイレのサンダル■更衣室の床■足ふきマット■水虫の人と同じタオルを使うは感染の危険性があります

注意が必要です。

裸足になるヨガスタジオ、とくに湿気が多いホットヨガは注意。岩盤浴やスパ施設でも足ふきマットの共有で水虫が感染しやすい

不特定多数の方が裸足になるような場所では注意が必要です。

特に注意する場所

プールや公衆浴場の足ふきマット

湿ったマットは特に注意が必要です。

居酒屋など不特定多数の方が座る座布団

気にしたことありませんが、座布団なんかにもいるんですね。

自宅のリビングのマットや畳

水虫の人がいる家庭では、その人が裸足で長くいる場所には注意が必要です。

【感染を防ぐ方法】

足を洗う

白癬菌が足に付着してひふに入っていくまで約24時間くらいかかるので帰ったら入浴かシャワーをするか足を拭いて下さい

その日のうちに洗い流せば問題ありません。

帰宅後は靴下を脱ぎ、シャワーで足を洗い流すか、ウェットティッシュで拭き取ると良い

帰宅後には必ず洗うようにしましょう。

アルコール消毒

足の蒸れや匂いがきになるという方は、水虫にかかりやすい状態といえますので消毒用アルコールを上手に使えば水虫予防につながります

水虫の予防はまず足を清潔に保つというのが第一となります。

しかし、アルコールによる刺激は、水虫の症状によって炎症を起こしている患部には強すぎるため、かえって肌の健康状態を損ねる危険性があるので注意が必要です

アルコールは水虫菌を殺菌するのではなく、水虫になっていない人が足を清潔に保つために用います。

酢を使う

水虫予防に使われる酢で一番ポピュラーな酢はお料理などでも使う穀物酢です。餃子を食べるときの定番調味料ですね!

特に木酢と竹酢にはフエノールという化合物が含まれていて水虫治療に有効な抗真菌性があることがわかったとの研究結果もあります。

40℃から43℃のお湯を洗面器などに用意して酢を5倍から10倍に薄めたものを作ります。そのなかに足を1日1回30分~60分浸しておきます

この方法は予防というよりもなってしまってから水虫撃退に効果のある方法です。予防であれば10倍に希釈したものをスプレーに入れて足に振り掛ける程度で十分です。

足は常に乾燥させる

水虫予防に使えそうな靴の一つが、ワニのマークのクロックスです。足の甲だけでなくて、全面、側面からも通気ができる構造なので、実は非常に通気性に優れています

乾燥が一番の薬です。

水虫の予防は、何より乾燥させることが大切です。足の指の間の水分や汗をよくふき取り、乾燥させた状態を保ちます。通気性のよい履き物や吸湿性のよい靴下にするのも効果的です

こまめに掃除するのも効果的です。

五本指ソックス

最近では五本指靴下があるので、それを履くことも予防に繋がる

足を蒸れさせない効果があります。

足を蒸れさせないための方法としてお勧めしたいのは5本指靴下です。

水虫の予防に効果があります。

家ではバスマットを共有しない

水虫の感染者が裸足で歩かないように、バスマットなどを共有しないように気をつけることが大事です

水虫感染者は肩身が狭いですね・・・

付着するのを防ぐためには、掃除をきちんとする、マットやスリッパなどをいっしょに使わないことが大事

掃除をきちんとして、水虫感染者からこぼれ落ちる皮膚などをきちんと回収しましょう。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1