1. まとめトップ

反原発で立候補 山本太郎さんに対する被災地からの苦言まとめ

相馬市長からの山本太郎さんへの苦言メールが話題になっていたので、その他の被災地の方々の反応もまとめてみました。

更新日: 2013年07月17日

5 お気に入り 68679 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

これまでの山本太郎さんの原発に関する言動

福島県相馬市長から苦言メールがYahooニュースに掲載

相馬市の立谷秀清市長からメールをいただきました。彼は、参議院選挙で東京から出馬している山本太郎氏の意見には、眉を顰めています。福島では、同じような意見をお持ちの住民は多数います。

根拠のない、過激な発言が、福島の人々をどれほど深く傷つけているか、東京のみなさんにも知ってほしいと思います。
そして、今でも一部の人たちは、福島は放射能の被害が深刻で、子供がまもられていないと主張していますが、国連でも定められた基準によって子どもたちの健康対策はしっかり行われています。

福島で医療支援に従事する医師からも懸念の声が

既に多くの方が、検出限界以下というレベルにセシウムによる内部被曝が抑えられていますし、それが維持されています。

図4-1にあるように、米や野菜は地元で作られたものを摂取されている方が多くいらっしゃる状況です。その状況下で、上記のような結果なのは、現在の日常生活での内部被曝が低い状況が、しっかり維持出来ていることを示しています。

東京などでは未だに福島は住めないとか、非科学的な心ない話を陰謀論などと混ぜ合わせ、政治や主張の道具にして多くの偏見を再生産しているとしか思えない方もいます。

上記のような話は明らかにおかしいです。このブログでも逐一報告していますが、もう少し、多くの(特に福島県外の)人たちに現実のデータに目を向けてほしいと思います。

山本太郎の言動に反対する意見が、被災地の方々から多く出ています

相馬市長の訴え 「根拠のない、過激な発言が、福島の人々をどれほど深く傷つけているか知ってほしい」山本太郎お前だよ!9oo.jp/ktJTX4 上先生は相馬市民の間ではあまり評判がよろしくないが、たまにはいい事言うね。福島医大の事はいつも攻撃しているしね。

福島県相馬市
「 原発からは34キロ辺りに在住 原発事故直後から屋外で震災の建物の罹災調査に明け暮れておりました。」(プロフィールより)

@s__51 だから私も、大騒ぎして原発の怖さだけを煽る人達は信用できなかったりします。山本太郎やTwitter内のデマッター民、デマジャーナリスト、一部の政党、政治家。 大勢の原発避難者の内の独り言ですが、福島を自分の票集めや人気・名声のための綺麗事はもう沢山だと言いたいです 

「原発事故で避難したり振り回されたり。 なんだかんだと奔走したりしなかったり。」(プロフィールより)

この記事にもあるように山本太郎は許せないと思ってる福島県民は多数いる。というか、福島で一番嫌われてる人間が山本太郎かもしれない。

福島市

子ども達の被曝を放置…なんてされてないと思うけど。被曝の低減策や被曝量の測定、県内産の農産物の徹底的な検査。様々な策が取られてきたし、その効果があったから今があるのでは。行政も県民も頑張って取り組んでる。問題が即解決したわけではないが、それは放置とは違う。

「福島市内在住。夫婦で福祉関係の仕事してます。5歳&0歳の息子二人と四人家族。放射能関係では、福島市渡利地区に住んでいて実際に見聞きしたり、体験していることをつぶやいています。避難するのも留まるのも、自分で必死に考えた結果なら、どちらでも構わないと思っています。」(プロフィールより)

山本太郎の支持者からすごいリプきた…_(:3」∠)_ 即ブロックしたけども。 福島県民全員疎開とかわけわかんないこという方が国会議員になるの、うちは、やだ。

「福島県双葉町生まれ。原発被災者でもあるので震災ツイートもあり。」(プロフィールより)

山本太郎にチャンスがあるのは、東京都が中選挙区状態ゆえ。福島なら絶対に受からない。東京都民の良識に期待します。

福島県いわき市

友達から「山本太郎がスズカンを徹底的に叩く作戦に出ている」と言われYouTubeの映像を見た。これまで彼は俳優業を投げうって、原発反対運動をやる大した人だと思っていたが、この映像の演説は見てきたような嘘が多すぎる。こうした大衆煽動は危険。周り煽られてだろうが、やはり選挙は怖い。

教育支援協会「ふくしまキッズ」代表

被災地、かつ、原子力災害の影響を被った福島県民の1人として言いたいね。

本当に脱原発とかやりたいならば、頭のオカシイ山本たろーとか、ぬまゆとかそういったマガイモノにすがって騒いでもダメだと思うんだよ。

こいつらが騒げば騒ぐほど、民意は脱原発からどんどんと離れていく。

1