1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【東京近郊】この夏行ってみたい!自然の涼しさを感じられるスポット5選

東京近郊で自然の涼しさを感じられる場所をまとめました。

更新日: 2018年06月03日

482 お気に入り 40256 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■等々力渓谷

東京の23区内という都心にありながらまるで別世界のような、静かさと緑にあふれています。

等々力駅近くの『ゴルフ橋』のたもとから階段を降りると、そこは別世界。

下流の矢川橋迄の僅か700M距離ですが、樹木が鬱蒼と茂り駅付近くの住宅街にある事を忘れさせます。

渓谷の中は陽が全くあたらないので夏場は3~4℃温度が低く涼を求めて訪れるのにも向いています。

■払沢(ほっさわ)の滝

日本の滝百選に入る払沢の滝は檜原村の滝を代表する名瀑で、通年多くの観光客が訪れます。

4つの段を合わせると全長60メートル、約50メートル奥行きを流れ落ちる姿は雄大で迫力に富んでいます。

最下段(26m)の落ち込みにある深い淵はとても神秘的で、古くから大蛇が住むと伝えられてきました。

毎年8月には、「払沢の滝まつり」が開催され、滝がライトアップされて幻想的な空気に。

■秋川渓谷

その内、網代橋から檜原村の南・北秋川に及ぶ全長約20kmの部分を特に「秋川渓谷」と呼びます。

渓谷には澄んだ清流が流れ、釣りやバーベキューをはじめとした川沿いのレジャースポットも充実している。

■大岳鍾乳洞

大岳山麓の標高520メートルの箇所に位置するこの鍾乳洞は、全長300メートルと周辺でもっとも長く、都の天然記念物に指定されています。

鍾乳洞の中はひんやりと涼しく、外の暑さを忘れます。

■江の島岩屋

江の島岩屋は波の浸食によって出来た自然の洞窟で古くから信仰の対象として親しまれてきました。

弘法大師が訪れた際には弁財天がその姿を現し、また源頼朝が戦勝祈願に訪れたとも言われています。

岩屋は、第一岩屋(奥行152m)と第二岩屋(奥行56m)から成ります。

神秘的な音響や照明で演出されたうす暗い中を歩いて見学できる。

1