1. まとめトップ

藤野可織という美人すぎる芥川賞作家「爪と目」 結婚済み。旦那は編集者

藤野 可織(ふじの かおり、1980年2月14日 - )は、日本の小説家。京都府京都市出身。同志社高等学校、同志社大学文学部卒業、同大学院美学および芸術学専攻博士課程前期修了。

更新日: 2013年07月17日

20 お気に入り 92383 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

黒い京都コネクション 旦那は編集者 独身時代は円城をロックオンしてたストーカー気質

2006年、「いやしい鳥」で第103回文學界新人賞受賞。
2009年、「いけにえ」で第141回芥川賞候補。
2012年、「パトロネ」で第34回野間文芸新人賞候補。
2013年、「爪と目」で第149回芥川賞受賞。

黒い京都コネクション
旦那は編集者
独身時代は円城をロックオンしてたストーカー気質

藤野可織に関連する検索キーワード

藤野可織 パトロネ

藤野可織 いけにえ

藤野可織 ブログ

藤野可織去勢

藤野可織結婚

藤野可織にゃあじゃわかんない

藤野可織おはなしして子ちゃん

近眼地獄

芥川賞は藤野可織氏の「爪と目」(「新潮」4月号) 直木賞は桜木紫乃の「ホテルローヤル」

メディアがせいこうばかり取り上げてたからせいこうが獲るもんだと思ってたわ

まあ、せいこうが獲るはずがない。
候補作にしといて賑やかしの役目。

【東奥ニュース速報】第149回芥川賞は17日、藤野可織さん(33)の「爪と目」に決まった。京都市在住。第149回直木賞は桜木紫乃さん(48)の「ホテルローヤル」(集英社)に決まった。 ================ (C)東奥日報社

太宰治が欲しくても取れなかった頃が、芥川賞の最盛期かな

芥川賞、藤野可織さんに決まったようですね。単行本で読みたいo(^o^)o ワクワク

[エンタメ総合]芥川賞に藤野可織さん 直木賞は桜木紫乃さん - 産経新聞 j.mp/12JLSJ1 第149回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は藤野可織さん(33)の「爪と目」(「新潮」4月号)…

今年の芥川賞は「爪と目」藤野可織さん。直木賞は「ホテルローヤル」桜木紫乃さん。去年は選者の方々の感性が超ハイレベルすぎて、全く理解できない作品があり絶望したが、今年は理解できるかな…(^_^; 素晴らしい作品は、時代を超えて読み続けられるものだと思う。そんな賞であって欲しい。

あ、知らない間に芥川賞・直木賞が。藤野可織は一冊目と二冊目で作風が変わっていて驚いた記憶があるのですが、受賞作はどうなのかしら。読んでみたいです。桜木紫乃のぼちぼち一冊くらいは読んでみないとなあ……。

おおお…藤野可織さん、芥川賞、おめでとうございます…!会見、視聴なう。どきどき。

藤野可織さんの「爪と目」すごく読みたい。できれば単行本で。

藤野可織さん、芥川賞を受賞されたようですね。

芥直関連手配して帰宅中。藤野可織は本当によかった。"ボクの中では芥川賞"の人が取って嬉しい。

芥川賞の藤野可織さん。まったくどうでもいい話だけど、この可織って字好き。

1 2





このまとめへのコメント1

  • stereo_bridgeさん|2013.10.31

    藤野さんの旦那様は編集者ではないそうです。むしろ本とか読まない方らしいです。ソースは本人のツイッター。

1