1. まとめトップ

U2がJPOPに与えた影響が半端ない件~山下達郎ミスチルバンプ・サカナクションからルナシーラルクまで

ただいまiTunesでニューアルバム ソングス・オブ・イノセンスを無料配信中 絶賛CM放映中のU2ですが、実はU2に影響を受けたJ-POPってすごくたくさんあるんです!! それらをまとめてみました ゆっくり随時更新していくつもりです

更新日: 2015年03月08日

10 お気に入り 38086 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

l0veU2さん

注 はじめに、このまとめは「パクリの糾弾」的なものではありません これを機会にU2に興味を持ってもらえたら嬉しいなという目的で作ったまとめです それではよろしくお願いします!

【山下達郎】さんはライブで自分の「蒼氓」という曲にU2 の「Pride(In the name of love)」の歌詞を挿入して歌うなどとてもU2がお好きなようです(アイリッシュフォークも好きみたいですね) はっきりご自分で「U2みたいな曲を作りたかった」とおっしゃっておられます♪ともにU2の影響を受けた2つの楽曲の間にはなんと20年間の間隔が開いています!

山下達郎さんと言えば古き良き音楽を愛されているというイメージですが、U2もお好きなんですねえ

この曲のオープニングがすごくJ-POPに影響を与えたようです!

ちょっとイントロが長いです 曲は50秒くらいから始まります この冒頭の、高音のチャイムのような繰り返しの音がいわゆる「U2のエッジ風ギター」で、発表当時から現在に至るまで世界中で真似されているそうです ディレイというエフェクターを使用してコダマのような効果を出しているそうです

※なぜか本人たちのビジュアルとは裏腹に日本のビジュアル系に影響を…※

【LUNA SEAのみなさんはU2ファン】
メンバーのJさんは中学生時代にU2の『WAR』を聴いて思わず涙を流したそうです
そしてLUNA SEA のメンバー5人で一緒にライブを見に行った唯一のバンドがU2なんだそうです!

U2は何故か日本のV系と呼ばれる方たちにものすごく影響を与えているのです!

これが一番影響がわかりやすい気がします

【ラルクアンシエル】L'Arc~en~Cielのみなさんに関してはご本人はU2に興味がないとおっしゃっているのですが、KENさんのギターはU2のエッジっぽいという意見が多いです

出典http://ro69.jp/blog/nakamura/65796

アメリカ公演の際のNYタイムズの記事でもクイーン、メタリカ、U2、デペッシュ・モード、デヴィッド・ボウイなどを彷彿とさせると現地の記者に評されていました!

Where The Streets Have No NameとWith Or Without Youを足したみたいな曲だという意見が多いです

GLAYの皆さんもU2の名曲With Or Without Youをカバーしたり、U2ファンとして知られていますが、U2ディレイ(付点8分ディレイ)を使っているのはこの曲ぐらいのようですね イントロにU2ディレイが使われています

※斉藤和義さん「やさしくなりたい」の冒頭も同じような「U2みたいなディレイ」ですね~ 特にエンディングはこれからWhereTheStreetsHaveNoNameが始まるかと思ったほどのそのまんまぶりです

【ミスチル~Mr.Children】はみんなU2ファン♪

ミスチルのメンバーは全員U2の大ファンなのです MTVでボノさんからMTV Rock The World Awardをもらった桜井さんはそれはそれは嬉しそうでした♪

※サカナクション※ なんとあの今をときめくサカナクションにもU2の影響が

サカナクションのギターはニューウェーブ系でU2っぽいですね~
キーボードがいるぶん前面には出てきませんが、聴いていると、ときどきエッジ風のギターが入ってきてにやっとしてしまいますね

白波トップウォーター
アウトロにおなじみのU2ディレイが…

※BUMP OF CHICKEN※ バンプさんもU2ファン♪ リハでU2の曲をやったりしてるらしいですよ

虹を待つ人のイントロはまんま City of Blinding Lightsって感じですね~

なんとU2風ギターの影響は【泉谷しげる】さんにまで及んでいたのです

セルフカバーバージョンがもうびっくりするぐらいまんまI Still haven`t found What I`m looking forです

このセルフカバーのギターは元ルースターズの下山淳さんです 下山さんはもともとU2より前からこういうディレイ奏法をしていらしたそうなのですが、このアレンジについては確信犯かなという気がします 当時のレコード屋では「泉谷しげるが春夏秋冬のU2バージョンを発売!」というPOPが書かれたそうです♪

このアルバムはDrums:村上“ポンタ”秀一、Bass:吉田 建、Guitar:下山 淳、Guitar:仲井戸麗市という驚愕の豪華メンバーによるバックバンド LOSERによって制作されました
どの曲も新たな命を吹き込まれていて最高です!

春夏秋冬のU2バージョンの反響~あの渋谷陽一氏が「これってあまりにU2だろう、下山さん…」と突っ込みを入れたそうです☆ 泉谷しげるさんご本人は「お前らが勝手に難しい曲にした!」と照れていたそうです でもこのカバーは御大に新しい風を入れたいという下山さんの愛情が感じられて私は大好きです!

1 2