1. まとめトップ

エアコンからの水漏れ!水漏れの原因と修理法

夏の暑くなった時に一番多いトラブルはエアコンからの水漏れです、その対処法をまとめました。

更新日: 2018年10月28日

50 お気に入り 1024184 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dynas_tecさん

◆エアコンからの水漏れの原因

原因:ドレンホースの詰まり

エアコン水漏れの原因の大半は、ドレンホースという排水ホースの詰まりのようです。水垢やホコリ、虫の死骸などが溜まることが、主な詰まりの原因です。

室外に出て、ドレンホースの口に何か詰まっていたり、あるいはエアコン運転中にもかかわらずホースからまったく水が排出されていないようなら、ほぼ間違いなく詰まりが原因で水が逆流したことによるものと思われます。

原因:アルミフィンの結露

エアコンの性能よりも部屋が大きい場合、エアコンが長時間フル稼働状態になり、本体が冷えすぎて起こる場合があります。

原因:エアコン本体が傾いている

室内機が傾いていると水がドレン穴に流れなくなりドレンパンからオーバーフローして水漏れします。

原因:ドレンホースの破損

ねずみなどがかじったりしてドレンホースが破れている事があります。
応急処置としてビニールテープを巻いてからホームセンターで販売しているシリコンコーキングを行って下さい。

原因:室内で冷媒配管の銅管部分が露出している

もし露出していると、そこが結露し大量の水漏れを起こしてしまいます。

◆エアコンからの水漏れの対処法

対処法:ドレンホースの詰まり

ホースの口をきれいにして、口で吸ったり、
ドレンホースクリーナや掃除機で吸引しましょう。
※掃除機で吸引する場合は、掃除機本体への水の流入に気をつけましょう。水が掃除機内部に入り壊れる場合があります。

対処法:アルミフィンの掃除をする

洗浄スプレーなどで掃除をしてみてください。そのとき適当な洗浄スプレーを選んでしまうと、返って水漏れの原因になることがあります。

対処法:ドレンホースの破損

応急処置としてビニールテープを巻いてからホームセンターで販売しているシリコンコーキングを行って下さい。

対処法:室内で冷媒配管の銅管部分が露出している

その場合はスポンジ、発泡スチロールなど断熱出来る物を巻きガムテープなどで留めて下さい。

◆ドレンホースの詰まりはドレンホースクリーナーで

ドレンホースの出口から口で吸う口で吸うのは勇気がいり、掃除機で吸引するのは水分を吸ったら掃除機の故障の原因となったりするので、ドレンホースを紹介します。

ドレンホースクリーナー(サクションポンプ)で吸い取る

専用のドレンホース用サクションポンプを外のドレンホースの口に差し込みハンドルを繰り返し引っ張ると、水鉄砲の逆の要領で溜まっていた詰まりを吸い出してくれます。

ドレンホースクリーナーはホームセンターに売ってる場合もあります

◆ドレンホースクリーナーの使用方法

エアコンの外部室外機の近くにある
ドレンホースを確認します。

ドレンホースは経年劣化している恐れが
ありプラスチックホースが脆くなっている
場合がありますので、ビニールテープなど
で補強する事をオススメします。

ドレンホースの排出口にドレンホース
クリーナーを差し込みます。

差込後、レバーを引いて吸引するだけでゴミや
ヘドロのつまりを解消します。

室内のエアコンの水漏れには
効果絶大です。

※レバーを押すと逆に内部に逆流しますので
レバーは必ず本体に戻し引くようにして
ご使用下さい。

レバーを引いてドレンホースを外すと、
ドレンホースより溜まった水等が流れ出て
きます。

確認出来ましたら作業完了となります。

※使用上の注意事項

○作業中に室内機(ドレンパン)から、水が少量溢れる場合がありますので、ウエス等で
 水受けして下さい。
○10m超え、異物つまり、接合不備(途中で亀裂や破損)のホースには効果が無い場合
 があります。
○使用後は水で『吸い込み・吐き出し』を繰り返し、クリーナー内部のヘドロ等を排出し、
 保管して下さい。
○エアコン用ドレンホースの清掃以外には使用しないで下さい。

エアコンの水漏れ修理動画

おわりに

また、エアコン水漏れの原因の大半は、ドレンホースという排水ホースの詰まりのようです。詰りを直して無理なら業者に頼むのを進めます。

1 2