1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

直木賞受賞・桜木紫乃さんがゴールデンボンバーを好きすぎる

著書「ホテルローヤル」で 第149回直木賞を受賞した作家の桜木紫乃さん。なんとゴールデンボンバーの大ファンとのことで、会見にもメンバーとおそろいのTシャツで登場するアピールぶり。そんな金爆への愛を語る桜木さんについてまとめました。

更新日: 2013年07月19日

65 お気に入り 189267 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

第149回直木賞を受賞した桜木紫乃さん

第149回芥川賞・直木賞の選考会が2013年7月17日夜開かれ、直木賞に桜木紫乃さん(48)の「ホテルローヤル」が決まった

桜木さんの受賞作「ホテルローヤル」。ちなみに芥川賞には藤野可織さんの「爪と目」が選出

桜木さんは北海道釧路市の生まれ。江別市在住。02年に「雪虫」でオール読物新人賞を受け、07年に単行本「氷平線」でデビュー

(受賞作では)湿原に臨むホテルを訪れるさまざまな男女、従業員、経営者の家族…。切実に生きる人たちの、それぞれの人生の断面を連作短編として描いた

その桜木紫乃さん、受賞会見でエアーバンドのゴールデンボンバーの大ファンであることをあかす

東京会館で行われた会見でも、リーダーの鬼龍院翔(29)愛用の模型会社「タミヤ」のTシャツを着用、猛アピール

「なぜタミヤ、着ているんですか?」と質問が飛ぶと、「ゴールデンボンバーの影響です。このシャツも自分でカスタマイズしました」と話すことに

金爆のなかでも、鬼龍院の大ファン。「翔さんの言葉の選び方がスゴイ」と、歌詞から小説のヒントを得ている。

出典ameblo.jp

中でも鬼龍院さんのファンとのこと

「『抱きしめてシュヴァルツ』って曲を聴いて好きなんですが、その歌詞のなかに『慰めて隅々まで』ってあるんです。これは、斬新な言葉だと思いましたね」

今後は鬼龍院さんのオールナイトニッポンでの共演も!?

出版社からは、受賞したら鬼龍院が進行役を務める深夜ラジオ「オールナイトニッポン」に出演させてあげると言われていたそう

こうした桜木さんの発言に鬼龍院さんは「幸運」とコメント

鬼龍院翔は、直木賞を受賞した桜木紫乃さんから歌詞を褒められ、と7月19日(2013年)のブログで喜んだ

「あまり脚光の当たらない『ゴールデンボンバーの歌詞』を褒めて頂けるなんてビックリ仰天青天の霹靂で御座います」

思わぬところから絶賛の声が聞こえてきて、鬼龍院は「色々な意味でとても僕は幸運だなぁ…感謝です」と桜木さんの称賛に応えた

1 2