1. まとめトップ

祝来日元オアシスノエルギャラガーツンデレ語録~本当はレディオヘッドもU2もリアムも嫌いじゃない説

サマーソニックのヘッドライナーに決定し、再結成の噂や、U2ヨシュアトゥリーツアーに参加しドンルクで共演するなど何かと話題の元oasisのノエルギャラガーさんと言えば相手に対し暴言を吐いたり、名言迷言で英国を代表するツンデレとして有名ですね!その発言をまとめてみました サマソニ

更新日: 2019年03月31日

66 お気に入り 217268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

closetoyouさん

誤解しないでよね!ほんとはU2のこと崇拝してるし、デーモンもradioheadも大好きなんだからねっ …実はノエルはこれらの人を凄く評価してるんです!でもツンデレなので褒めたりけなしたりします

しかし2chのまとめやツイッターでは反響がほしくてデレの部分をわざと隠してツン部分だけを紹介されることが多いです
2chスレのタイトルやツイッターに流れてきた抜き出しのフレーズだけを見てノエルがこのあたりのアーティストを認めていないと誤解している人が多いのでは…と思い、まとめさせていただきました むしろ真逆のことすらあるんですよ! U2なんてノエルは信者レベルのファンなので…

ノエルは相手によってツンデレのタイプが違うので対象別にまとめてみました

※U2※ 夢はU2になること… U2大好き!デレデレデレデレたまにツン。なのですが、日本ではデレデレっぷりが全然知られていないんですよね…

誤解されてる方が多いようなんですが、ノエルはオアシスのデビュー前から熱狂的なU2ファンなんです ボノとは仲も良いし、かわいがってもらっているんですよ! アフリカのことは黙ってろ発言だけが独り歩きしてしまっていますが、俺はU2が好きだ!と熱く語っていることのほうが圧倒的に多いです

デレ ”I f***king love U2 "ノエルは基本的にU2のことは大ファンなので事あるごとに褒めまくりです

夢はU2になること… 本当はアメリカでも成功したかったんだからっ

実を言うとU2になるのが俺のデカい夢なんだ。今の俺たちみたいなちっぽけなブリットポップ現象じゃ嫌なんだよ(アメリカ進出前に語る) 1996

アメリカで大成功を収めたU2はoasisにとっても目標のようです

※しかし、アメリカでのツアーはリアムが勝手に帰国して中途でキャンセル、(What's The Story) Morning Glory?以降は売り上げがガタ落ちになるなど、オアシスのアメリカ進出は不本意な結果に終わります※

彼ら4人は昔からずっと一緒にやってるんだ 驚異的だよな アメリカ進出してもそれは揺らがなかった それどころか彼らは4人でアメリカを…そして世界を制覇したんだ!しかも実際に会ったら4人とも世界一のファッキンいい奴らなんだぜ 2000

オアシスのアメリカ進出がリアムは言うことを聞かないし、よっぽど大変だったようですね…
言ってることがそこいらのファンと同じです!

賛否両論だったU2の90年代の試みを高く評価しているノエル

好きなビッグロックバンドは誰かと聞かれて「やっぱU2になっちゃうよなあ」
パルプのジャーヴィス「ええーファックオフ!U2が好きな訳ないだろ」
「U2が流行らないバンドなのは判ってるさ だけど連中は5年間休みを取って「アクトンベイビーでカムバックしてきたんだぜ」
そして俺の知る限り、連中は休んでる間にマンデーズやローゼズを聴いてちゃんと学習してたね それがよかったんだ ヨシュアトゥリーを一生やってることもできたのに、奴らはそうしなかった 自分たちの型を破るだけの根性を奴らは持ってたんだよ

インスパのローディーをやりながら、アクトンベイビーを愛聴していたノエル U2がビッグバンドなのに恐れず新しいことにチャレンジしたことにとても感銘を受けていたようです

U2のギグを見に行った後で、ボノと彼の信仰について話し合ったんだ そしたらその後でボノが参考になるかもしれないと本を2冊送ってくれたんだぜ! 来月はオフだから隅から隅まで読むつもりだ 2001

ノエルは本当にボノを尊敬してるんですね~

U2が大好きだ!俺はU2を聴いて育ったんだよ アルバムも全部持ってる 2005

ひたすらファンです

一番パワーを持ったミュージシャンはボノだと思う ジョンレノンよりもね…

出典05年 INROCK 6月号 P30

こういう認識をふまえた上での「アフリカのことは黙ってろ」なんですが、日本ではノエルがU2大好きっ子であることが全然知られてないので、誤解されてるフシが…

90年にマンチェスターでU2のライブを見たときはそれまでの自分の人生で見たことがないくらい凄いと思った 俺はU2の物凄いファンなんだ ボノと友達になれて嬉しいよ 2007

出典クロスビート 1月号

U2について語るときのノエルは本当に純粋ないちファンという感じですね 面白いこと言う気ゼロです!

こんな時代じゃ、ボノが嘘偽りのない誠実な奴だってことをみんな信じられないよな… 2008

ファンすぎてボノが誤解されていることが気になるようです

俺、自分のこと「オアシスのエッジ(注:U2のギタリスト)」だと思ってるんだ 2008

ノエル、ボノのこと好きすぎです!

最近好きなバンド…? U2が好きだよ!(30年経てもなおU2ファン) 2009

最近って聞いてるのに気にせずKYにU2愛を語るノエルさん

(1981年に)トップオブザポップスで「Fire」を演奏するのを見て以来U2のファンなんだ 2011

おそらく1981年、ノエルが14歳の時の話だと思われます 相当初期からのファンのようです(U2の1stアルバムは1980年発売) またノエルは両親ともアイルランド移民の子です イングランドの地で同胞が頑張る姿に勇気づけられたのかもしれませんね

Running To Stand Stillみたいな曲が書けたら、その後ほかに曲が二度と書けないまま死んだとしても本望だろうな 2011

U2は歴史上もっとも過小評価されているバンド 2011

いや、十分評価されてますやん…と思いきや、ノエルの評価的にはまだ足りないようです どんだけ!

俺はU2のことをいつだって愛してきたんだ! 2011

うん、知ってるよ…と言いたくなりますね

ノエル・ギャラガー、U2との共演に「夢が叶った」と語る 2015

U2のステージに呼ばれて子供のように大喜びするノエル…よかったね

ノエル U2のヨシュアトゥリー再現ツアーでヨーロッパのスペシャルゲストとして登場!

世界で一番偉大なショウに参加できて嬉しいと語るノエル ほんと、U2には素直ですね~

"It will be both a pleasure and an honour to play my part in what still remains the greatest show on earth” @U2 pic.twitter.com/n0OR7Z9GTJ

そしてとうとう今回のヨシュアトゥリーツアーで、U2と自分の曲Don't Look Back In Angerで夢の共演を! ノエルよかったね

メタリカのラジオ番組に出演したときも ふたりできゃっきゃとU2大好きトークを…

ノエルはU2への愛情を臆面もなく吐露(本当に臆面ないです!)
「他とは別格の最愛のライブ・バンドだ」
「彼らは何度も進化を遂げてきたし、それこそ後退、前進、横転、逆転とあらゆる方向へ転がってきた。でも、どんなに変化しても、アルバムを出すたびに「参りました!」と言わざるを得ない曲が最低1曲、いや2曲、時には4曲も入っているんだよ」
「Where The Streets Have No Name」で、冒頭のビートが入ってくる部分は「ライブ・ミュージックで最高の瞬間の一つ」

ツン 文句を言うのは音楽活動以外の部分についてが多いようですね

1 2 3