1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

最低価格3億円!あの「シンドラーのリスト」が競売に出品された

第2次世界大戦中、ドイツ人実業家の故オスカー・シンドラー氏が多数のユダヤ人をナチスの迫害から救うために作成した名簿「シンドラーのリスト」が19日までに米競売サイト「イーベイ」で売りに出された。

更新日: 2013年07月20日

33 お気に入り 34572 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shunkakuさん

・歴史的にも貴重なあの「シンドラーのリスト」が競売に

第2次世界大戦中にドイツ人実業家、故オスカー・シンドラー氏がナチスの強制収容所行きから救ったユダヤ人の名前を記した「シンドラーのリスト」が米競売サイト「イーベイ」に出品されたことが19日、分かった

入札期限は米西部時間の28日午後6時(日本時間29日午前10時)で、最低価格は300万ドル(約3億円)

歴史的価値のある資料なだけに、この価格を高いと見るか、安いと見るか。

第2次世界大戦中の史実をいまに語り継ぐ文書を誰が手にするのか、世界的に関心が集まっている

・「シンドラーのリスト」とは?

もともとはナチスと関係の深かったシンドラー氏が、アウシュビッツ強制収容所での虐殺の実態を知り、自分の工場で働かせると偽って

ポーランドに持っていた工場で雇用するユダヤ人のリストを作ってナチスに提出し、約1200人が収容所行きを逃れた

1993年にスティーブン・スピルバーグ監督が「シンドラーのリスト」として映画化したことで知られる

脚本家曰く、シンドラーは善と悪を持ち合わせた男で、それゆえに葛藤するということがテーマであるという。

映画『シンドラーのリスト』について
Wikipedia:
http://goo.gl/oDRN

・米オークションサイト「eBay」によると

1945年4月18日付で14ページあり、801人の男性の氏名が記入されている

リストは存在が確認されている4部のうち1部で、シンドラー氏の側近だった人物の家族が一時所有していた

シンドラー氏の右腕としてリストを作成した故イツァーク・シュテルン氏がもともと保存していたが、シュテルン氏のおいが3年前に売りに出し、現在の保有者が投資目的で購入した

現存が確認されている他の3冊はイスラエルや米国の博物館が所蔵しており、今回出品されたのは唯一の私蔵品という

参考に

1