このため、他の立会人の一部も、仕分けが終わった票を1票ずつ確認する入念な点検を始めたことから作業に時間がかかるようになった。選挙区選の2回目の中間票が発表されたのは、予定の午後11時から5時間半以上も遅い翌22日午前4時42分。この段階で開票率は48・79%にとどまり、最終確定は同日午後0時3分までずれ込んだ。

 徹夜の開票に担当の区職員らも疲労を隠せず、いすに腰掛けたり、足踏みをしたりしながら点検を見守った。ある担当者は「立会人の指摘は正しい。確かに時間がかかって大変だが、文句は言えない」と疲れた表情で話していた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

やはり今回も!?参院選挙にあった違反やミス、トラブルあれこれ

参院選挙は真夏だからなのか?それとも自公が過半数の議席を超える勢いと野党に白け気味だから?毎度お馴染みのトラブルやミスは健在で、これも投票率低下の原因かもしれない?

このまとめを見る