1. まとめトップ

【くまモン】熊本をアピールするポスターのキャッチコピーが秀逸すぎる!

くまもとサプライズのポスターのキャッチコピーがとても面白いので、「おおっ!!」と思うものを集めてみました。ダジャレ系や雑学系など、いろいろあります。しかし、ちょこっと登場してるくまモン、かわいいなぁ・・・。

更新日: 2014年01月08日

love-bearさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 31388 view
お気に入り追加

こちらのポスターは、名刺バージョンもあります!
小山薫堂さん、達筆ですね。

「クマが取りに来ました」ではないところが、やり手の営業部長だなぁと感じます。

肥後橋とくまモンの関係は、「肥後」つながりでした…。

くまモンミリオンプロジェクトのポスター・第3弾。
「福島駅」に掲載されたポスターです。

関西にも「福島駅」ってあるんですね。

くまモンミリオンプロジェクトのポスター・第2弾。
「花隈駅」に掲載されたポスターです。
漢字違いますけど。。。

くまモンミリオンプロジェクトで、くまモンが選んだ駅の一つである朝熊駅に掲載されたポスターです。

出典p.twpl.jp

くまモンに「くま」があったら、3度おいしい。
はず…。

目の「くま」と「くまもと」をかけています。さらに、「くまモン」に「くま」がないことをかけていています。やるな、くまモン!

出典p.twpl.jp

「ワク」は、何個書かれているのでしょう?
100個くらい?
ワクワクしますねぇ。

毎分60トンもの水が湧き出す様を、期待や喜びを表す言葉の「わくわく」で表現しています。
また、「ワクワク」の文字で紙面をいっぱいにすることで、視覚的にもわかりやすくなっています。

出典p.twpl.jp

新幹線で、新大阪~熊本間は3時間ちょっと。
空港まで、出かけて飛行機に乗るのと同じくらいの時間です。
確かに、近く、手軽になった感があります。

思いっきり、「遠くの親戚より、近くの他人」に掛けてます。
遠く国に旅行するより、国内旅行の方が行きやすいし安全です。

出典p.twpl.jp

熊本県は自然がいっぱい。
人間は、天然?!
くまモンは・・・?

天然・お○カキャラでブレイクしたスザンヌさんは熊本出身でしたね。
くまモンに座布団1枚!

出典p.twpl.jp

くまモン、まだ子どものはずじゃぁ・・・?
自爆?!

子どもの頃は、学校の宿題がイヤで仕方なかったけど、大人(社会人)になると、毎日仕事で勉強(宿題)ばかり。
まさに、このとおり!

出典p.twpl.jp

ドームを反対から読むと、ムード。
回文(?)になってます。

JR大正駅には、大阪ドームがあります。
でも、熊本にはドームがない代わりに、「ムード」があるそうで・・・。
お得意のオヤジギャグか・・・。

マスコミ批判とも取れますが、、、
マスコミはそれが仕事でもあります。

確かに、マスコミはすぐブームにしたがりますね。
くまモンブームは一過性のものではなく、長く続いてほしいです。

出典p.twpl.jp

ケータイの電源を切ったら、忙しい時間から休暇モードになったってことですよね。
簡単に割り切れると良いのですが。。。

今のご時世、ケータイよりスマホの方が主流な気がしますが、、、
きっと「ケータイ」の方が語呂が良いからでしょう。
このキャッチフレーズを見たとき、なぜか草原にいる自分が想像できました。

出典p.twpl.jp

熊本県には何もないの?と思ってしまいますが、豊かな自然、おいしい食べ物、歴史、そして、くまモンがいることを実感させられます。

都会の「何でもある!」を逆手に取ったキャッチフレーズ。
都会で生活するより、田舎生活(は言い過ぎかも・・・)の方が人生豊かに過ごせます。

出典p.twpl.jp

くまモンの顔が、半分だけ見えているバージョンのポスター、かわいいです。
相手の様子を伺っている感がとてもよく表現されているとおもいませんか?

大人じゃなきゃダメなのか~!とツッコミを入れたくなりますが、絶品・絶景・いい温泉がわかるようになるのは、大人になってからです。納得!

1 2 3 4





クマのキャラクタが大好き。
くまモン、リラックマ(コリラックマ)、グルーミー、ブラックベアなどなんでもござれ。

正統派なダッフィーなどの美クマより、ちょっと抜けたクマのキャラクターを応援してます。